桜の下でお花見をする理由は?お花見が桜なのは?

2018年2月24日3月~5月の行事お花見

桜,花見

春になるとお花見の季節へなります。

場所にもよりますが、お花見の時期である3月下旬から4月上旬は、春の嵐ともいえる雨や強風があります。

せっかくお花見に行ったのに、桜の花を見ることができなくなることもあります。

お花見は、ある意味、天気との勝負なのだろうと感じています。

日本だけでなく、世界にも四季はありますが、四季に応じた日本人の楽しみ方の1つがお花見です。

お花見の歴史は古いですが、知っておくと良いこともあります。

せっかくの春の花見ですので、本来の日本のお花見を知ることもいいのかなと思います。

 

お花見の歴史とは?奈良時代から続いている!

侍,江戸時代お花見の歴史をさぐってみると、奈良時代です。

奈良時代の貴族のお花見は、梅の花を見ていたと言われています。

奈良時代に、なぜ梅の花を見ていたかという疑問がでますよね。

奈良時代に中国から、なんと梅が伝わってきたのです。

奈良時代の貴族を中心に、お花見は梅の花を見て和歌を詠んでいました。

一方、奈良時代のの前から農家では、桜の木には神様がいると言われていました。

山や田んぼの神様が桜の木といわれていて、田植えの前に桜の木に豊作をお願いしていました。

田植えをしていた農家の人たちは、お米が豊作になった方がいいので、とても重要な桜の木でした。

貴族と農家の桜の存在やお花見は、価値観の差が違いすぎますね。

 

桜を見るお花見は平安時代から

平安時代平安時代からお花見は、桜の花を見て和歌を詠んだり宴会をするようになりました。

平安時代の貴族もお花見は、桜の花を見るようになっていきました。

農家の行事から、貴族の行事へと変化しました。

鎌倉時代になると、武士や町人にもお花見で桜の花を見るようになりました。

江戸時代には、とある理由があり川沿いに桜の木を植えてお花見をしていました。

川の氾濫を防ぐためですが、お花見で桜の花を見る人が増えると考え、土手が大勢の人で踏み固められると予想して桜の木を植えました。

川の氾濫を防ぐために、桜の木を植えさせたという人は、徳川吉宗将軍だったのです。

そのため、江戸時代にはお花見で桜の花を見るのが当たり前になりました。

今私たちがお花見で桜の花を見ることができているのは、江戸時代の川の氾濫を防ぐためために植えられた桜だったのです。

 

お花見の桜はソメイヨシノなのは?

由来,歴史お花見で見る桜は、ソメイヨシノが多いです。

奈良時代のお花見で梅の花を見ていて、平安時代から今もそうですが桜の花になっています。

桜は、バラ科のカテゴリーにあり、梅もバラ科のカテゴリーです。

バラから派生したという意味では、お花見で見る桜の花も、昔の梅の花もおおもとは同じというとこですね。

明治時代に、彼岸桜と大島桜の2つの桜をあわせ、ソメイヨシノができあがりました。

現在の東京でのことですが、染井という村がありました。

そして、桜で有名な奈良県の吉野山がありますが、山桜と間違えないようにソメイヨシノという名前になりました。

現在では当たり前のように、桜=ソメイヨシノですが、大変苦労されて作られた桜です。

海外にも桜があり、日本のお花見は海外にも伝わっています。

お花見は、日本が誇る伝統であるとも言えます。

話しがそれますが、100円玉に桜が描かれていますよ。

 

花見団子・花見弁当とは?

花見団子お花見と言えば団子というのがよくあることです。

画像のように、ピンク・白・緑という3色の団子です。

ピンクは桜の花の色で、白は冬の雪景色であり、緑は夏に向かって季節が進んでいるという意味です。

花見弁当は、桜の名所で売られていることがありますが、お花見をする時に食べるお弁当です。

花見弁当は、江戸時代から続いているお花見の弁当のことですが、最近では楽しければいいという感じもあるかと思います。

お花見の花見弁当は、作っている人をごくまれに見ますが、お重で何段も作られています。

桜は咲いたら、散るのが早いため早めのお花見の準備が必要かなと思っています。

楽しく、近所迷惑にならないようにしてお花見をするようにという看板も見かけます。

人が集まって、お花見をするのでうるさくなってしまうのは分かりますが、住宅街でお花見は避けた方がいいですね。

 

まとめ

お花見の歴史や桜の花について説明してみましたがいかがだったでしょうか?

お花見にも古くからの歴史があり、今私たちがお花見で桜の花を見ることができるのも、昔の話があったからです。

お花見で見る桜は、咲いてから散るまで早いです。

うるささや、ゴミなどで規制があるところもあるお花見ですが、広い場所でゴミの片づけができる範囲で行えばいいかなと思います。

ただ単に、桜の花を見に行くだけでもいいと思っています。

私が前に住んでいたところは、桜の名所でした。

そのため、自転車で行き、散歩をしながら桜を見て家に帰っていました。

遠くから来る方の迷惑になるかもしれないと思ったので、見るだけにしていましたが、うっかりすると見れなくなる桜です。

大渋滞が起こったり、寒かったりしますので準備を整えて、楽しんでください。