インラインマイクのイヤホンはゲームに不向き?おススメ5選

インラインマイク,イヤホンPC周辺機器
スポンサーリンク

イヤホンにインラインマイクがついている製品を、スマホを持つようになってから使い始めたという方もいるでしょう。

ではPCでのゲームやPlayStationまたは任天堂製品でも使えるようになっています。

FPSゲームをする人たちが増えたというのがありますが、FPSではなく違うゲームでも十分かと思います。

ただゲームでのVCではインラインマイクを使うのは問題ないですが、もし動画配信サイトなどではかなり物足りないと思っています。

動画配信はしないけれど、スマホやタブレットにも使えるインラインマイクつきのイヤホンなので共有できるメリットもあります。

そんなインラインマイク付きイヤホンのメリットなどを紹介していき、おススメのインラインマイク付きイヤホンの紹介もしていきます。

 

インラインマイクとは?仕組みを知っておこう!

インラインマイク,イヤホンインタインマイクというのは、当サイトでも仕組みの紹介をしておりますが、無指向性のマイクが割と多いです。

単一指向性のマイクもあるにはありますが、インラインマイク付きのイヤホンと比べてしまうと、結構値段は高めだと感じます。

無指向性が多いインラインマイクなんですが、コンデンサマイクが使われていて環境音などもインラインマイクで拾うという性質があります。

スマホ・タブレットやPlayStationそして任天堂のゲームなどでは、インラインマイクの音声を大きくしてくれるようになっています。

インラインマイク付きイヤホンのジャックは、4極となっていてインラインマイクとイヤホンのGND(0V)が共通となっています。

マイクの指向性はリモートワークやゲームで役立つ!おススメ紹介
音を拾ってくるマイクの性能のうちの1つとして、指向性にピックアップしてマイクマイクを使い分けた方がいいです。ノートPCに最初からついてくるマイクでリモートワークや塾の授業などにも使う場合もあるでしょう。マイクの指向性には、どんなものがあってリモートワークやゲームに向ているかを説明していきます。

 

コンデンサマイクは仕事とゲームにベスト!ダイナミックも悪くない
仕事やゲームなどで使うマイクは、コンデンサマイクが主流でよく家電量販店で売られています。コンデンサマイクの性能と正反対といってもいいのが、ダイナミックマイクです。コンデンサマイクがダイナミックマイクより売られていて、コンデンサマイクがよく使われているのがわかってもらえればと思っています。

 

インラインマイク付きイヤホンのデメリットとは何だろう?

インラインマイク,イヤホンインラインマイクのデメリットというのは、無指向性のため環境音を拾いやすかったり、4極のジャックのGNDが共通の場合が多いためノイズが入る場合があるということです。

たいていのスマホやゲーム機またはタブレットを作っている企業では、すでにノイズの対策などを行っているのでそこまで心配しなくてもいいです。

ただどうしてもノイズがのってしまうのがインラインマイク付きイヤホンなんですよね。

またデスクトップPCでインラインマイク付きイヤホンを使うときには、イヤホンとマイクを分岐するケーブルを使わないといけないです。

デスクトップPCで使うインラインマイク付きイヤホンは、デスクトップPCでは対応していない場合が多いため自分でマイクの音量を上げないといけない面倒なこともあります。

場合によってはアンプを使った方が安全です。

決して使ってはいけないわけではないですが、ノートPCであればインラインマイク付きイヤホンが対応されている製品が多いので安心してください。

 

インラインマイク付きイヤホンのデメリットをメリットに変える工夫とは?

なぜインライン付きイヤホンのデメリットというのは、音の小ささと服にこすれる音がかなり厄介なものとなってきます。

FPSのように足音で判断しないといけないという場合には、インラインマイクからのノイズで聞こえにくくなって、仲間にダメージが出てしまうこともあるでしょう。

まずはノイズの対策ですが正直なところ、インラインマイクの位置が口に近いかどうかかなと思っています。

口に近いインラインマイクであれば、服にこすれてノイズが出てしまうのは防げます。

一方でイヤホンとインラインマイクのGNDが共通でノイズがのるというのは、電子回路を学んだ方であれば改造はできますが、正直なところ買い替えた方がいいのではと考えています。

もちろん高額なインラインマイク付きイヤホンであれば、買い替えるのはかなりもったいないためマイクを別で用意するというのがいいでしょう。

なるべく安くピンマイクをお勧めできるとすれば、風防(ポップガード)がついている製品かなと思います。

 

インラインマイク付きイヤホンの使用経験で選ぶおススメ5選+カラーバリエーション!

SteelSeriesのブームマイクが付属しているTUSQ

 

LogicoolGのG333はUSBタイプCでも接続可能

LogicoolGのG33の色違いバージョン

 

インラインマイクが口に近く遮音性が高いJBL

 

Appleの純正インラインマイク付きイヤホンは耳のトラブルも回避

 

ソニーのインラインマイクもクリアな音質!普段使いにも十分

 

まとめ

インラインマイク付きイヤホンの説明をしてみましたがどうでしょうか。

向き不向きはあるものの、少なくともデスクトップPCにおいてはインラインマイクの音が小さく感じる可能性もありますのでアンプや音量を上げておきましょう。

デスクトップPCでないノートPCやゲーム機などでは、全く問題はないので安心して使ってください。

ノートPCにカメラとマイクがついている場合には、無理してインラインマイク付きのイヤホンを買わなくてもいいかと思います。

何度も言われるようでしたらインラインマイクを購入するというような感じでも問題ないでしょう。

Bluetoothのイヤホンにインラインマイクがついていて、使っていいかと思いますが映像と音声にタイムラグが発生してしまう場合が多いです。

もちろんBluetoothのイヤホンがダメというのはありませんが、ゲームにおいてはなるべく有線のインラインマイク付きイヤホンにしておいたほうがいいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました