サウンドバーとは?サラウンドスピーカーより安い!4選

サウンドバー,TV家電・IT
スポンサーリンク

薄い液晶TVは、奥行が短いので高音質で聞けるTVが少ないというのがデメリットであり、薄い液晶TVの奥行があればもっと高音質のTVがあるでしょう。

そこで登場したのがサラウンドスピーカーですが、サラウンドスピーカーはスピーカーの数が多く置く所や配線に困ってしまいますよね。

高音質でTV見るのに使うサウンドバーは、その場所に本当にいるような感じになるのでサウンドバーを使ってみてはどうでしょう。

サウンドバーのメリットというのは、サラウンドスピーカーより値段が安くて高音質であるところでしょう。

また、壁にかけられるサウンドバーもありますので、おススメ商品として5つほど紹介したいと思います。

サウンドバーを買おうどうしようか迷っているあなたの参考になればいいなと思っています。

 

サウンドバーとは?サラウンドスピーカーとの違いはコンパクトだった!

スピーカーメーカーによって商品の名前が違うサウンドバーですが、シアタースピーカーというジャンルの中にサウンドバーという商品名があります。

サウンドバーまたはシアタースピーカーという商品は、細長い棒や筒のような形をしている薄型の液晶TVにとっても便利なスピーカーです。

サラウンドスピーカーは、以下のようなものがあるので今後のためにチェックしてみてくださいね。

ウーハー低い音を出すスピーカーで大きいスピーカー
スコーカーボーカルの声など低い音でもなく高い音でもない音を出すスピーカーでウーハーより小さいスピーカー
ツイーター高い音を出すスピーカーで小さいスピーカー

という3つの性能をもったスピーカーを持っています。

さらにサラウンドスピーカーは数がおおよそ5個くらいあるのとは違い、たった1つサウンドバーがあればいいだけです。

サウンドバーは、サウンドバーの中にスコーカー・ツイーター(ウーハーは別で置くのもあります)のスピーカーが入っています。

1つで足りてしまうコンパクトさがいいサウンドバーですね。

 

サウンドバーはどこに置いたらいいの?サラウンドスピーカーより簡単なの?

サウンドバー,TVコンパクトがウリのサウンドバーは、TVの下に置くといいでしょうね。

たった1つ(ウーハーがある場合は2つ)の細長いスピーカーシステムなので、置く場所に困ってしまうというのは少ないです。

一方サラウンドスピーカーは、ウーハー1つ・スコーカー2つ・ツイーター2つという組み合わせが多いので置く場所に困ってしまいます。

壁にかけられるサウンドバーもありますので、壁にサウンドバーをかけたい場合にはTVの上でもいいでしょう。

サウンドバーは見た目がド派手ではないので、TVを見るリビングや部屋がゴチャゴチャしてきたなく見えてしまうのもありません。

簡単にポンと置けばいいだけのサウンドバーは、TVの近くに置いておけばいいのでとても簡単ですよ。

 

サウンドバーとTVの接続は難しいの?ケーブル1本で接続できる!

HDMIケーブルTVとサウンドバーを接続する場合には、HDMIケーブル1本だけ接続すればいいというとても簡単な方法です。

地上波デジタルTVをメインで見るという場合には、安いHDMIケーブルのみでいいと思います。

BSの4Kや8K放送が本格化したのもあったり、ブルーレイ・ケーブルTV・CSなどであれば、TVが4Kであれば4K用のHDMIケーブルにした方がいいです。

HDMIケーブルをTVとサウンドバーに接続するので、年々も先かもしれませんが4K・8KのBS・CS・ケーブルTV・ブルーレイなどを見るという状態になったときには使い回しができます。

4Kや8Kが当たり前になってくれば、サウンドバーに接続するHDMIケーブルは安くなりますが、まだまだ安くなるのは先のような気もします。

4KのHDMIケーブルがもしあるのであれば、使うのもいいでしょうね。

コンパクトなサウンドバーを使って地上波デジタルTVを見るという場合には、今安く売られているHDMIケーブルでいいです。

無理して4K用のHDMIケーブルを買う必要はなく、単に今後どういう番組を見るかというところを考えてサウンドバーで使われるHDMIケーブルを使った方がいいでしょうね。

サウンドバーを買うと、TVと接続するHDMIケーブルが付属されるのもありますので今のままでいいのであればそのまま使ってくださいね。

 

サウンドバーはスマホでも操作できる?Bluetoothで配線が楽なのもある!

格安,SIM,フリー,スマホサウンドバーについているリモコンを使うと、接続しているTVのリモコンの2つを使わないといけません。

もっと面倒なのは、BS・CS・ケーブルTV・ブルーレイなどの映像を別々のリモコンを使わないといけくなるというところでしょうか。

スマホにも対応しているサウンドバーがあるので、アプリを入れてサウンドバーと地上波デジタルTVやBS・CS・ケーブルTV・ブルーレイを一緒に動かすのもいいですね。

スマホと一緒に動くサウンドバーの値段が高くなってしまいますが、一緒にサウンドバーとTVを動かしたいという場合にはいいでしょうね。

また、Bluetoothを使ってPCやスマホの音を聞くというサウンドバーもあります。

ゲームをするときにはとてもいいですし、今後オーディオシステムを買おうと思っているあなたであれば、サウンドバーの能力をフルに使えます。

サウンドバー1つあれば、TVやPCそしてスマホやタブレットなどにも使えますのでお得感がありますよね。

 

サウンドバーを選ぶならこの商品!安くてコンパクトな5選

ヤマハ YAS-108

ソニー HT-S200F

JBL Bar Studio

シャープ AN-SA1

 

まとめ

サウンドバーの仕組みと使えるものそしてサラウンドスピーカーとの違いを説明してみましたがいかがだったでしょうか?

サウンドバーは安ければ1万円くらいからあり、平均は2万円から4万円くらいと見ておいてください。

BOSEなどのようなブランドであれば、10万円くらいするのでお財布と相談しないといけませんね。

手軽に地上波デジタル・CS・BS・ケーブル・ブルーレイ・PC・スマホ・タブレットの音を高音質で聞けるサウンドバーです。

サウンドバー1つあれば、持ち運びも簡単なのでサラウンドスピーカーを買って楽しもうとされている場合にはいいでしょう。

なんといってもサウンドバーはサラウンドスピーカーより安いし配線が面倒なので、配線が苦手だったり高くて手が出せなかったというあなたにとってもいいです。

サウンドバーを買う買わないは別として、TVの音を映画館のようにそしてサラウンドスピーカー並みにしてみたいというあなたにステキな1品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました