コード付きイヤホンは3000円前後で音質十分性能

イヤホン,スマホ家電・IT
スポンサーリンク

イヤホン・ヘッドホンは、音質にこだわるなら3000円以上の製品をおススメします。

とにかく安くてもいいイヤホン・ヘッドホンは、価格だけ見ればすっごく魅力的で使えさえすればいいと考えるかもしれません。

音質がいいイヤホン・ヘッドホンの価格の限界は3000円くらいかと思います。

私の本音は5000円程度ですが、イヤホンやヘッドホンの値段は高くなればなるほど音質がよくなります。

もし音質が悪い場合は、オーディオプレーヤー・スマホ・タブレットに問題があります。

オーディオプレーヤーは、ハイレゾを除けばSONYとApple社をよく見かけると思いますが、この2社に合う製品やスマホやタブレットに合う製品もピックアップします。

なぜ3000円くらいのイヤホン・ヘッドホンにすべきかという説明をしていきますね。

 

3000円未満のイヤホン・ヘッドホンの特徴とは?

由来,歴史今回はワイヤレスではなくコード付きのイヤホン・ヘッドホンの音質のお話なので、買う買わないは別として音質とどうつきあっていくかをテーマにします。

ちなみに私はオーディオマニアではなく、元オーディオのエンジニアなので音質などはフラット(誰が使っても良いと思うか)に見ています。

3000円未満のイヤホン・ヘッドホンの音質がものすごく悪いというわけではありません。

音を聞くという「慣れ」というのもあり、たまに私の周りで「1980円ですっごい音質がいい」という人もいます。

実際に聞いてみると音質が悪いこともありますが、なんで3000円未満のイヤホン・ヘッドホンというラインを作ったかですよね?

音質を上げる方法は、オーディオ・スマホ・タブレットに使われている部品にも関係ありますが、ヘッドホン・イヤホンに使っている部品が安い場合があります。

イヤホン・ヘッドホンを作るとき、人の手作業のメーカーもあるでしょうが3000円くらいであれば機械が作ります。

機械が作る場合は、給料の発生が少ないので安く作ることができますが、設計者泣かせの問題は音質です。

0.1mmの部品のズレで大きく変わる音質なので、ある程度のイヤホン・ヘッドホンの音質を保たないといけません。

またプラスチックやアルミも使われていることがありますが、やはり0.1mmのズレで音質が大きく変わってしまいます。

製品を売らないといけませんので、安すぎる製品は音質を保つためには、ある程度のヘッドホン・イヤホンの音質や形状を設定します。

大量に生産するときには、設定した範囲を広げないとお店で売ることができないので、いわゆる「当たり」「外れ」が多い製品があります。

3000円未満のイヤホン・ヘッドホンは、音質が製品によって大きく変わることがあるので、あまりおススメはしません。

 

3000円くらいのイヤホン・ヘッドホンをおススメする理由とは?

イヤホン,スマホ3000円くらいのイヤホン・ヘッドホンであれば、ある程度の音質などの性能の範囲が狭いというのが特徴です。

そこまで安い部品を使っているわけではないですが、測定器で音質を見ても「いい」と思えるイヤホン・ヘッドホンは多いものです。

10000円くらいのイヤホン・ヘッドホンの方が音質がいいこともありますが、どこまでこだわるかですよね?

ものすごく静かなところで音楽を聞く場合には、10000円くらいのイヤホン・ヘッドホンの方が音質はいいです。

しかし、あまりお金をかけたくないという私なりの考えと高くても大して差がない製品をおススメするわけにはいかないというのがあります。

そこで程よい音質(低い音~高い音まできれいに出る)のイヤホン・ヘッドホンをおススメします。

音質が悪いというわけではなく、測定器で分かる差なので耳で聞いても差がそこまでないこともあります。

ここで問題なのは、スマホ・タブレット・オーディオプレーヤーの性能です。

今聞いている音楽に満足していないという場合にはイヤホン・ヘッドホンを変えた方がいいと思います。

スマホ・タブレット・オーディオプレーヤーも高い製品なので、そんなにコロコロと買い替える訳にはいかないのが本音だろうと思います。

そこで、イヤホン・ヘッドホンのみを買い替えて満足する音を探すというのが理想でしょうね。

 

3000円くらいの音質がいいイヤホン・ヘッドホンはどんなのがある?

OK,Good3000円未満のイヤホン・ヘッドホンの特徴は、「音がこもる」「音の広がりがない」「低い音がガンガン出る」「高い音がガンガン出る」というのがよくあります。

そこで低い音から高い音まできれいに音がでるような、音質がいい製品を選んでみました。

ワイヤレスヘッドホンでの記事も書いておりますので、探す参考にしていただいていいですよ。

どこのメーカーがいいかというのは、好みの問題もあると思いますが、オーディオプレーヤー・スマホ・タブレットから選ぶ方法もあります。

なるべくクリアな音質で低音も高音もまんべんなく出る、音質のいいイヤホンヘッドホンの紹介をしてみますね。

 

ELECOM

パイオニア

Panasonic

 

まとめ

コード付きのイヤホンとヘッドホンについて説明してみましたがいかがだったでしょうか?

なるべく音質にこだわったイヤホン・ヘッドホンを選んでみました。

事前に聞いていますが、好みの問題もあるのでお店で聞く機会があれば試してみてください。

低音も高音も出やすい製品を選んでいます。

ヘッドホンに関しては、だいたいが5000円くらいまで上がってしまい申し訳ございません。

イヤホンを中心にピックアップしましたので、音質が良くてほどよく安い製品を選んでいただければと思います。

ステキなミュージックライフを過ごせればと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました