お知らせ:当サイトの記事Razer Deathadder V2 miniがMayonezさんに取り上げていただきました

Vlogで使うカメラのおススメ5選!スマホでもいい?

Vlog,カメラVlog
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

Vlogという動画を使った日々起こったことを投稿するわけですが、どんなカメラがいいのかなと疑問に思うこともあるでしょう。

なるべくお金をかけないのはスマホを使って、アプリで編集して動画サイトに投稿してしまうのが簡単な方法かと思います。

もちろんVlogのカメラとしてスマホというのは、電池寿命の問題やVlogを凝った作りをしたいというのには意外と厳しかったりします。

 

Vlogで使うカメラはあまり高くない方がいいのかも?

ねこ,カメラVlogで使うカメラとしてYouTuberが使う一眼レフカメラなども選択肢に入れてもいいとは思います。

ただ日々の日記として使うVlogのカメラですから、収益化できるようになってきたときに高級な一眼レフカメラを選択してもいいかなと思います。

初めの段階ではなるべく価格を抑えたカメラで十分かなとも思いますし、VlogからYouTuberになるのであれば自分に投資するつもりで高価なカメラの方がいいでしょう。

今のカメラはVlogにも対応している動画の撮影もできるのもあり、またカメラさえあればスマホでVlogをするのも電池寿命としては圧倒的に有利です。

PCを使ってサムネを凝るという場合にも、電池を気にしないで編集できるので、別でカメラは合った方がいいように思います。

スマホのVlogがダメというわけではなく、単にスマホの電池の持ちを長引かせたいという意味で、あんまり高くなくても十分な動画をVlogとしてUPした方がいいかもと思います。

 

スポーツを行うときのVlogの動画撮影のカメラはアクションカメラにしよう!

Vlog,カメラ,水中スポーツスピード勝負というのが割と多いかなと感じることが多くあります。

審判が判定しにくいときにはビデオ判定するくらいですから、Vlogで使うカメラはゆっくりめだったりブレが多かったりするのはいいとは思っていません。

このようなスポーツ(自転車・スキー・スノーボードなどなど)を撮影するVlogには、アクションカメラが向いています。

アクションカメラというのはアウトドアで使うことを前提としているのもあり、有名なのはGoProシリーズではないでしょうか。

芸能人がジェットコースターや車の中の撮影のときに使うGoProは、番組とかでも使われているのもあって実績済みのVlogにも向いているカメラといえるでしょう。

 

Vlogで使うカメラでは温度や防水を気にしよう!

カメラアクションカメラやGoProのような小型のカメラというのは、低い温度には耐えられたりしますが高い温度に耐えられない場合もあります。

夏場のVlogの動画の撮影には気を付けないといけなく、車のダッシュボードにカメラを置いてしまうと、故障の原因となることもありえます。

カメラの取扱説明書が入っていれば温度を見るようにし、なければ公式サイトで確認するようにしてください。

もし動画の撮影が失敗した場合は、カメラにあたる直射日光を可能な限りさえぎってみたりしてください。

アクションカメラに多い防水のカメラでのVlogの撮影なんですけども、Vlogの撮影で防水を謳っているアクションカメラが多いように感じます。

防水とはいっても防滴くらいの感覚で使うのがいいでしょう。

 

初心者から中級者まで使えるVlogで使えるおススメカメラ5選!

軽量でコンパクトなゆっくりめのVlogのカメラを選ぶのであればDJI Pocket2

軽量かつコンパクトなVlogのカメラといえば、DJI Pocket2になるのかなと思います。

ドローンも扱っているメーカーなんですが、DJIといえばコンパクトなのが持ち運びに便利ということもあり、実機に触れてみましたがかなりいいものかなと思いました。

4Kで60fpsということもあって、高画質なVlogのカメラともいえるわけですが、見ている方があまりに画質が悪いのはよろしくないかなと思います。

だいたい5万円くらいなんですけども、Vlogのカメラの初心者であれば導入も割と簡単な方だと思っています。

片手でもっていろんなところへ行くのに、手がふさがらないのは安全にVlogをやるのも必要ですよね。

 

実績ではNo1のGoProはVlogのカメラにちょうどいいアクションカメラ

進化したGoProという感じの感覚になるかなと思います。

GoProはアクションカメラなんですけども、芸能人もよく使っているVlogにも使えるカメラです。

1台のみで使った方がVlogですから、そこまでカメラを買う必要もないかなというように実感しています。

家電量販店でもVlogでも使えるカメラのGoProがありますので、実際に家電量販店に行けるような近さであれば行って触れてみてください。

防水のGoProというのがいいところですよね。

自転車に取り付けたりペットの散歩の様子だったりと、幅広く使えるVlogのアクションカメラのGoProだといえるでしょう。

 

安くて高性能なVlogにも使えるカメラのOSMO Action

またDJIのカメラなんですが、今回はアクションカメラのOSMO Actionです。

Vlogのカメラとしては安い部類に入るアクションカメラであって、かなり軽量のコンパクトなカメラとなっています。

Vlogのカメラでは使える温度の幅が広いくて、-10度から40度まで使えるカメラなんですが、どんなカメラも高温に関しては注意した方がいいかなと思います。

スローモーションにもできるVlogのカメラなので、編集中に気づくちょっとした時間をカメラ本体で確認できるようになっています。

GPSやBluetoothにも対応していますので、ノートPCでも簡単に使えるのはとってもいいことだと思います。

 

ちょっと高めの設定だけどVlog用に作られたソニーのカメラVLOGCAMシリーズ

VLOGCAMはVlogのカメラとしてソニーで作られているのもあって、Vlogのカメラとしてはかなり高性能といえます。

直射日光のあたるところや暑いところで長時間使うのではなく、屋内や涼しげなところ使うVlogのカメラとして初心者から中級者までであれば十分な性能です。

普通のカメラに見えるVLOGCAMですが、モニターが開くようになっているため自撮りもラクラクです。

静止画のカメラの機能もあるため、Vlogでも使いつつ写真も撮りつつという感じができるので、ちょっと高いカメラではあるもののいいカメラだと思います。

 

安さ重視ならソニーのDSC-WX350

 

 

まとめ

Vlogで使うカメラを4つ紹介してみましたかどうでしょう。

4KばかりのVlogでも使えるVlogで使えるカメラなんですが、2Kのカメラでも十分ですし安いです。

最初は2Kから初めて4Kにするというのも、Vlogのカメラ選びでは全く問題ないと思います。

すでにカメラを持っている場合には、Vlog用に新しくカメラを買う必要はないと思いますし、スマホでも十分かと思っているところです。

Vlogの画質をよくしたいとか、もっと機敏に動きたいというときに使ってみるのもいいでしょう。

Vlogで使うカメラであらかじめ動画を撮影しておいて、後から編集してUPする方法の方がいいでしょう。

場合によっては早い投稿の方が有利に働くこともあると思いますので、そのときは手に持っているスマホでもカメラでもいいかと思います。

軽量でコンパクトなVlogのカメラの方が、動きやすいということもありますので参考にしてみてくださいね。