アロマオイルとは?リラックスするアロマオイルを厳選

アロマ,オイル,リラックス暮らし
スポンサーリンク

アロマオイルは、においをかいでリラックスというようなニュアンスで知られています。

実際にはそのとおりで、いろいろなにおいのある植物からにおいのエキスを取ってアロマオイルとして販売されています。

人をリラックスさせるにおいに選ばれたアロマオイルですので、心配をする必要はありません。

効果が出るかどうかは、個人差によりますが、アロマオイルでマッサージするところもあります。

妊娠中の場合には、においをうっすらかぐ程度にしておいたほうがいいとも言われていますのでお気を付けください。

それでは、アロマオイルに関する情報を説明しますね。

 

アロマオイルとは?昔は薬草として使っていた

由来,歴史ゲームでもありますが、薬草と呼ばれる植物で傷を治したりするのことは、昔から行われたと言われています。

花を見に行ったとき、花の美しさやにおいなどで癒されることもあるかと思います。

ストレス社会にとても大切なリラックスですが、ヒーリングミュージックでもいいですが、においからリラックスさせようということです。

ネットで売られていたり、お店で売られているアロマオイルというのは、かなり濃いアロマオイルです。

そのため薄めて使うことが普通のことです。

花・果物・木・ハーブなどからエキスをとったアロマオイルは、4つの方法でアロマオイルは作られています。

蒸す・絞る・エタノールにいれる・冷やすといった方法で、アロマオイルが作られています。

 

アロマオイルの選び方とは?

Good,OKアロマオイルは、種類がとても多く何を買ったらいいのか分からないというのは、よくあることですよね。

そこでどのような基準でアロマオイルを選んだ方がいいのかを説明しますね。

アロマオイルには混ぜられたものがあり、人の手によってにおいをごまかしているアロマオイルがあります。

例えばオレンジジュースなののに、オレンジが5%~10%しか入っていないというのは、オレンジのにおいが足されています。

アロマオイルにもにおいが足されているものがありますので、100%の純度のオイルであることを選んだ方がいいです。

またアロマオイルは、光を当ててしまうとプラスチックなどの容器ではフニャフニャになることもあります。

アロマオイルの入れ物は、ビンが使われていて光を遮ったものであることも大切です。

アロマオイルの相場は、アロマオイルを薄めて使うため、アロマオイルはだいたい2000円程度といったところです。

そのため安いアロマオイルは、においをごまかしている可能性もありますので注意したいところですね。

 

アロマオイルの種類は?リラックスアロマオイル4選

アロマオイルはたくさんの種類があるため、リスクが少ないものを選んでみました。

アロマオイルは体に合わないものがあり、場合によってはアレルギーを持っている場合は大変なことになります。

例えばヒノキの種類である、サイプレスがありますがヒノキアレルギーがある場合には向いていないと思います。

どちらかというと、リラックスさせ心を健康にさせるためのアロマオイルを選んでみることにしました。

リラックスとは正反対であるアロマオイルもありますが、ストレス社会ではリラックスして休む方が体にいいと思うからです。

アロマオイルの参考になればいいと思っていますので、どういう効果があるかなど説明しますね。

 

カモミール

アロマ,カモミールカモミールは、白い花でハーブの1つとされています。

カモミールはアロマオイルだけでなく、ハーブティーとして楽しまれていますので体の中そして体の外まで効くものです。

リラックスさせる効果があるのがカモミールです。

緊張したりするとストレスが多くなってしまうため、カモミールを選ばれるというのも納得してしまいます。

仕事でなくても学校や寝つきが悪いときに、カモミールのにおいをかぐと、ある程度リラックスしますので寝る前にお使いください。

カモミールは、アロマオイルの中では高いですので、小さい入れ物などが安いですので選んでみるのもいいのかなと思います。

 

ネロリ

ビターオレンジ,アロマネロリは、白い花を咲かせるビターオレンジからエキスをとったもので、においはフローラルです。

フローラルのにおいは、リラックスさせる効果がありますし、ネロリのもとであるビターオレンジには結婚式で使われることもありました。

イタリアのネロラというお姫様からとられた名前であるネロリですが、女性に話題のアロマオイルです。

ネロリは、フローラルで香水のような使い方もされていましたが、リラックスさせ気持ちを穏やかにする効果があります。

リラックスさせると言っても、人それぞれではありますが寝る前に使ってもいいと思います。

眠りやすいというわけではなく、1日いろいろとストレスがあると思いますので眠れないということもあるはずです。

そこで、アロマオイルの1つであるネロリを使えば、リラックスしなければ眠りにつくのも難しいですよね?

あまりネロリのアロマオイルに期待しない方がいいですので、少しだけ助けてくれるという気持ちでいるのがいいのかなと思います。

 

ラベンダー

ラベンダー,アロマよく知られているラベンダーのアロマオイルですが、ラベンダーは紫色の花を咲かせます。

昔のローマの人たちは、ラベンダーをお風呂に入れて体を休めていたという話もあります。

すっごく有名なラベンダーを外そうかと悩みましたが、定番のアロマオイルなので入れました。

リラックス効果があるものですので、ストレスを抱えている場合向いているアロマオイルであることは知られています。

ストレスを抱えているときは、深くゆっくりと呼吸をするといいとも言われていますので、ラベンダーのアロマオイルを使って深呼吸してみてください。

アロマオイルであるラベンダーを使ったマッサージもあるくらいですので、ゆったりとしたいときにお使いください。

 

パチュリ

パチュリ,アロマパチュリはシソ科のハーブであり、パチュリを蒸してアロマオイルとして使われています。

昔の話ですが、虫よけに使われていたパチュリでもあります。

しかし、アロマオイルとなると他のアロマオイルもそうですが、リラックスできます。

パチュリのアロマオイルは、長くにおわせるために他のアロマオイルと一緒に使うこともできますよ。

パチュリだけでもリラックスできるアロマオイルなので、ゆったりとしたいときにお使いください。

パチュリは土のにおいに近いと思っていますが、リラックスにはいいアロマオイルだと思います。

ストレスによって落ち着かないな~というときには、ラベンダーのアロマオイルを一緒に使うといいですね。

 

アロマオイルの使い方は?アロマディフューザーがいい

アロマオイルの使い方というものを知っておいた方がいいですよね。

お風呂にアロマオイルを数滴入れると言うのもいいですし、乾燥しているときにはアロマオイル対応の加湿器もあります。

万が一を考えたときに気になるのは、故障かなと思っています。

そこで、アロマポットやアロマディフューザーを使うのがいいですね。

アロマポットは、水にアロマオイルを数滴たらしてにおいを広げる効果がありますが、ろうそくを使わないといけないため買うのが大変です。

そこで便利なのは、アロマディフューザーというわけですが、加湿器みたいに湯気が出ます。

湯気が出ないアロマディフューザーもありますが、電気を使いますのでどこでも使えるというのがいいと思います。

寝室やリビングなどなど持ち運びが簡単なアロマディフューザーなので、そこまで苦労することはありません。

しかし、水を入れたまま移動させると腰に負担がかかることがありますので、移動させてから入れてください。

アロマポットより長くいいかおりでリラックスできます。

 

まとめ

アロマオイルとは?リラックスするアロマオイルを厳選してみましたがいかがだったでしょうか?

ストレスの多い世の中ですので、なるべくリラックスできるアロマオイルを選びました。

リラックスさせるにおいであるアロマオイルもあれば、元気になるアロマオイルもあります。

最初はリラックスすることがとても大切だと思っています。

リラックスしてきちんと休ませてからでないと、ストレスは体のトラブルへと変わってしまいます。

またアロマディフューザーも1点ではありますが、ご紹介させていただきました。

アロマポットでもいいのですが、長く使うことを考えたときにはアロマディフューザーの方がいいと思っています。

毎日の疲れを癒してくれるアロマオイルですので、知らないうちに疲れることもあると思いますのでお使いいただければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました