AirPodsとEarPodsは100均のシリコンカバーで抜けを防ぐ!

AirPods,EarPods,シリコンカバー生活アイテム
スポンサーリンク

iPhoneやiPadだけに限らず、PCやAndroidスマホでも使えるAirPodsとEarPodsは、安くていい音で楽しめるメリットがあります。

強いてあげるならAirPodsとEarPodsは、頭を少し動かしただけでも耳から落ちてしまう場合もあります。

そこで今回は100円ショッププで売られている、AirPodsとEarPods専用のシリコンカバーを使っているので紹介していこうと思います。

AirPodsとEarPodsのシリコンカバーは、100円ショップにもありますが近くに100円ショップがなくて、交通費など余計にお金がかかる場合にエレコムのも紹介していきます。

 

AirPodsとEarPodsはオーディオ関連のものであればたいてい使える開放型イヤホン!

AirPodsカナルイヤホンは耳をふさいで音をよく聞かせようというものに対し、開放型は音の抜けをよくしてこもるのを避けようとするものです。

「カナルイヤホンって音はいいけれど、耳のトラブルになりやすいんだよね」という場合には、開放型のイヤホンを使うのもいいかと思います。

そこで開放型のイヤホンでマイクもついていて安いとなると、AirPodsとEarPodsが有名なものとなってきます。

よほど大きな音で聞かなければ、開放型であるAirPodsとEarPodsを使うと、外の音も聞こえてくるため安全面においていいこともあります。

特に耳のトラブルになってしまう場合は、AirPodsとEarPodsを使うという選択肢に入れても十分かなと思っています。

AirPods

 

 

EarPods

 

AirPodsとEarPodsの唯一の弱点は落ちやすさ!シリコンカバーで対策

AirPodst,EarPods.シリコンカバーAirPodsとEarPodsの唯一の弱点と考えているのは、落ちやすさかなと思うところがあります。

耳にあたる部分がプラスチックなのもあって、どうしても耳から落ちやすいという弱点があります。

そこで、100円ショップにもあるシリコンカバーを使って、なんとかなったという経験があるため紹介していこうというのが趣旨です。

ゴムの場合には、ラテックスアレルギーのある方からすると、余計な商品を紹介しないでほしいと思われてしまうだろうと思っています。

シリコンでそして100円ショップのAirPodsとEarPodsのシリコンカバーは、比較的薄いので多少厚さがでて耳にひっかかる部分もあるのでいいかなと思います。

エレコムからもAirPodsとEarPodsのシリコンカバーが売られていますが、ほんの少し分厚いのと100円ショップより高くなってきます。

ただ交通費(車・バス・電車)などを考えたときに、どうやっても100円ショップを選ぶよりネットを選んだ方がいいという場合のみ参考にしてください。

 

AirPodsとEarPodsのシリコンカバーは水洗いができ清潔に保てる!

シリコンカバー,100円ショップずっと使っていけるわけではないでけれども、AirPodsとEarPodsのシリコンカバーは、シリコンでできているため水洗いができます。

なんだかんだといってもイヤホンもやっぱりキレイにしたほうがいいですよね。

AirPodsとEarPodsを最初に拭いてから、シリコンカバーを取り付けた方がいいと思っています。

100%の純度のアルコールを利用して、シリコンカバーを除菌とかすることはないと思いますので、一般的なアルコール除菌のシートとかであればボロボロにならないかと思います。

ウェットティッシュタイプのものでもいいですし、食器を洗う中性洗剤であれば、AirPodsとEarPodsのシリコンカバーの掃除は問題ないです。

さすがにずっとAirPodsとEarPodsのシリコンカバーを使い続けると、経年劣化のせいでシリコンカバーに切れ目が入ったりする場合もあるので、劣化したなと思ったら買い替えてください。

 

100円ショップで売られているAirPodsとEarPodsのシリコンカバーの取り付けはカンタン!

インラインマイク,イヤホンそれでは100円ショップで売られている、AirPodsとEarPodsのシリコンカバーを取り付けます。

ペラペラで薄いシリコンカバーなので、力を入れて取り付けることは一切ありません。

音が出るところと、イヤホン内の余計な音を外に出すための穴(金属部分)をふさがなければOKです。

唯一の注意なのかなと思いますが、いたって簡単にシリコンカバーを取り付けられますので安心してくださいね。

実際にAirPodsとEarPodsのシリコンカバーを取り付けてみて、耳に装着してみてください。

突起部分を耳の上あたりに来るようにひっかければ、問題なくイヤホンの取り付けは成功してます。

耳にシリコンカバーが触れたとしても、薄くて柔らかいので痛くとすれば、耳が小さい方かと思います。

 

100円ショップのAirPodsとEarPodsのシリコンカバーが大きすぎて耳に合わない場合はどうすればいい?

AirPodst,EarPods.シリコンカバー耳の大きさは人それぞれだと思っているので、万が一シリコンカバーをつけると耳に合わないという場合もあります。

突起しているところをハサミとかで切ってしまえば、何とかなる場合もありますが、どうしても合わない場合には取り付けをやめた方がいいでしょう。

100円を重く受け止めるかどうかがカギになってきますが、AirPodsとEarPodsの本体はAirPodsの方が高いのもあって損をした気分になることもあるでしょう。

ハサミで切って合わないとなれば、100円ショップで売られているシリコンカバーを捨てるしかないかなと思っています。

エレコムのはもうちょっと頑丈なので、耳に合わないという方がいても仕方ないだろうと思います。

あくまでAirPodsとEarPodsを使っていると、耳から外れて落ちるのを多少防ぐものなので、イヤホン本体を大切に使うようにしてください。

また小さすぎるという場合には、エレコムのAirPodsとEarPodsのシリコンカバーを使うという選択肢を持っていてくださいね。

 

まとめ

今回はAirPodsとEarPodsのイヤホンが抜けたり落ちたりするのを防ぐシリコンカバーの説明をしてみました。

100円ショップで売られているのもあるので、あまりに家から遠いところで交通費の方が高くついてしまうという場合もいらっしゃると思います。

そんなときには、エレコムのAirPodsとEarPodsのシリコンカバーでも使えますので安心して使ったもらえればと思っています。

水でシリコンカバーを洗えて清潔に保てますし、耳にひっかかるタイプのAirPodsとEarPodsなので、耳のトラブルが少しでも減っていってくれればと思います。

密閉型のカナルイヤホンを使っていたけれども、耳のトラブルによる買い替えの候補として、AirPods(無線)とEarPods(有線)を使い始めるというのもいいかと思います。

そのときにiPhoneやiPadの純正イヤホンとなるので、周りはプラスチックということもありすっぽ抜けたりする場合もあるでしょう。

この商品は、AirPodsとEarPodsがすっぽ抜けにくくするシリコンカバーなので、耳に合わせてからシリコンカバーで調整してみてください。

タイトルとURLをコピーしました