スマホ・タブレットの充電にエレクトロニッククリーナーで復活を!

スプレー生活アイテム
スポンサーリンク

スマホやタブレットでの充電のときに、USBケーブルを動かすと充電できるという場合には、エレクトロニッククリーナーを使うと復活することもあります。

スマホやタブレットでのUSBの充電では、当サイトではマグネットのUSBケーブルであらかじめ予防するという方法と、サビや硫化を取ってくれる接点復活剤を紹介しました。

今回消化するのは正反対のエレクトロニッククリーナーなんですが、手のあぶらやほこりを洗浄するという製品です。

グリス塗りすぎて落とすときだったり、PC周辺機器などの頑固な掃除にも役に立つのがエレクトロニッククリーナーです。

接点復活剤とエレクトロニッククリーナーの違いも含め、接点復活剤でスマホやタブレットでのUSB充電がうまくいかない場合にエレクトロニッククリーナーの選択肢も入れてみてください。

 

接点復活剤とエレクトロニッククリーナーの違いとは?

考えるなんだかスマホやタブレットの充電が変だなと思ったときには、接点復活剤やエレクトロニッククリーナーを使うと復活するときがあります。

主に電気の接触部分(USBケーブルなど)が少し削れてしまって黒ずんでしまったときに、復活させる方法の1つとして接点復活剤を吹き付けるというものです。

それとは正反対なのがUSBケーブルで充電するときなどのときに、黒ずんでいなくほこりやUSBケーブルを少し動かすと正常になる場合にはエレクトロニッククリーナーを吹き付けます。

スマホやタブレットのUSBの充電でうまくいかないときには、接点復活剤もしくはエレクトロニッククリーナーを使い分けた方がいいです。

汚れを取るという意味では、接点復活剤もエレクトロニッククリーナーもほぼ同じなんですが、汚れをとかすのがエレクトロニッククリーナーです。

接点復活剤というのは、あくまで金属部分の長期にわたる差し込みの多さで削れしまった金属に、スマホやタブレットのUSBの充電がうまくいかない場合に使うのがいいです。

スマホ・タブレットの充電が不安定?接点復活剤を使おう!
スマホ・タブレットの充電中に充電のランプが消えたかなと思ったら、再びランプがつくこともあります。スマホ・タブレットが故障しているわけではなく、充電のところのマイクロUSBのトラブルの可能性があります。マイクロUSBのところが折れていなければ接点復活剤というスプレーを使ってみましょう。

 

エレクトロニッククリーナーでスマホ・タブレットのUSB充電が不安定なときに使おう!

スマホ,音楽接点復活剤は金属の削りを一時的に修理するものであって、簡単に言えば電気が通るところにふきつけますが、近くにプラスチックやシリコンなどのものが近くにあると溶けることもあります。

スマホやタブレットでシリコンケースなどを使っている場合には、溶けないエレクトロニッククリーナーの方がうまくUSBでの充電ができるようになることもあります。

お互いにUSBの充電部分の汚れを取るという意味では同じなのですが、プラスチックの部分があるスマホやタブレットの充電不良には向かないのが接点復活剤です。

スマホやタブレットを落としたり投げつけるような行為をした記憶がなければ、エレクトロニッククリーナーを使ってUSBの充電を復活させるのがいいと思います。

USBの充電だけでなくPCのCPUなどのグリスを取り去るときにも、エレクトロニッククリーナーを使うとキレイに取れますので2つあった方がいいように思っています。

 

スマホやタブレットでのUSBの充電がうまくいかないときに使うエレクトロニッククリーナーをどうやって使えばいいの?

スマホエレクトロニッククリーナーの使い方はとても簡単なんです。

スマホやタブレットなどのUSBの充電がうまくいかないという想定なんですけども、スマホやタブレットの電源を一応切っておきましょう。

細かいところの電気部品の掃除に役に立つのが、エレクトロニッククリーナーなのもあったり、揮発性の高いスプレーということもあります。

スマホやタブレットのUSBの充電部分に、エレクトロニッククリーナーを吹き付けてから放置します。

揮発性が高く乾きも早いというエレクトロニッククリーナーなので、手で触って変な感触が無ければスマホやタブレット本体についてしまったところはウェットティッシュなどで拭いてください。

基本的にはスマホやタブレットの充電部分にエレクトロニッククリーナーを使ったあとに、ゴシゴシとこすらなくても問題ないので放置していいです。

 

エレクトロニッククリーナーを使うときに注意したいこととは?

悩み,なぜさきほどチラッと書きましたが、スマホやタブレットの充電などで使うエレクトロニッククリーナーは、揮発性が高いので放置していればいいです。

しかしエレクトロニッククリーナーを使う場所は、可能な限り外がいいと思っています。

スマホやタブレットを持って、エレクトロニッククリーナーを持って手だけ外に出してもいいですし、外に出てから使った方がいいです。

揮発性の高いエレクトロニッククリーナーの匂いは、シンナーよりもたちが悪いと勝手に思っています。

換気扇のある部屋でのエレクトロニッククリーナーの使用も、避けて外などでスマホやタブレットのUSBの充電のところをふきつけてください。

あとはんだ付けした後にできてしまうフラックスを取るときにも、なるべくエレクトロニッククリーナーを使うときには十分注意してくださいね。

 

まとめ

スマホやタブレットでの充電のトラブルでエレクトロニッククリーナーを使うのも1つの手であることを紹介しました。

接点復活剤でスマホやタブレットの充電が復活できなければ、エレクトロニッククリーナーを使うことをおススメします。

可能な限り接点復活剤とエレクトロニッククリーナーの2種類はあった方がいいでしょう。

揮発性の高いエレクトロニッククリーナーなので、なるべく外で使うようにしてください。

部屋の中で換気していたとしても、結構な時間ですがエレクトロニッククリーナーの匂いが残りやすいです。

スマホやタブレットで接点復活剤でうまくUSBの充電がうまくいかない場合には、エレクトロニッククリーナーを使ってみましょう。

タイトルとURLをコピーしました