Majestouch Stingrayをレビュー!ゲームにも向いている!

FILCO,Majestouch,Stingray,レビューレビュー
スポンサーリンク

FILCOのMajestouch Stingrayを3か月使用してみたので、長期とまではいかないもののレビューをしていこうと思います。

ロープロファイルのキースイッチで低めの設計となっているキーボードです。

メカニカルキーボードの中でロープロファイルは、高い製品が多いもののMajestouch Stingrayは1万円は超えるけれど2万円まではいかないキーボードです。

打鍵感も損なわれていないため、ゲームでも仕事でも使えるMajestouch Stingrayなので、どういったことが起こるかなどのレビューをしていきます。

 

FILCO Majestouch Stingrayの打鍵感はかなりよく反応速度は早め!

FILCO,Majestouch,Stingray,レビューFILCOのMajestouch Stingrayの英語配列で赤軸を使ってみましたが、反応速度はCherryの銀軸とさほど変わらないかなと感じました。

打鍵感はよくある金属音がありませんので、比較的使いやすいですしメンブレンのキーボードを使っている方であれば、初めてのメカニカルキーボードとして選ぶのもありでしょう。

パームレストはMajestouch Stingrayに関しては、あってもなくてもいいかなと感じましたが念のためFILCO製品じゃなくてもいいので使ってみるのもいいかと思います。

Majestouch Stingrayのキーストロークは約3㎜なので、普通のメカニカルキーボードと1mm程度低い感じになるので、比較的打鍵感はいいものになるのかなと感じています。

今回レビューしているMajestouch Stingrayは、赤軸なのでアクチュエーションポイントは1.2mmと感じなのでだいたい銀軸とそこまで変わらないといった感じです。

Majestouch Stingrayのキーストロークが短いため、慣れが必要だと感じましたが仕事においても静かですし、入力に関してはストロークが短いので有利になるでしょう。

Majestouch Stingray製品紹介 | ダイヤテック株式会社
ロープロファイル(低背)のメカニカルキーボード。反応が早く短いストロークが特長のCherry MX Low Profile赤軸と精度の高い薄型キーキャップ、ステップスカルプチャー構造を採用し、反応スピードと正確なタッチを両立。日本語・英語配列、フルサイズ・テンキーレス、かななし・前面印字のバリエーションモデルがあります...

 

FILCO Majestouch Stingrayのキーキャップは文字が消えたりはがれる恐れがある!

FILCO,Majestouch,Stingray,レビュー光らないFILCOのMajestouch Stingrayなので、キーキャップは従来のMajestouch2までと同じように印刷タイプです。

ABS樹脂かなと見たときに思いましたが、摩擦には弱いかなと感じました。

私自身は全面に文字があるMajestouch Stingrayを選んでいますが、トップ面に文字がある場合には文字が消えやすいかなと感じます。

Majestouch Stingrayのキーキャップの文字が前面にあるのはいいですが、それでもテカテカに光ることもあると思います。

Majestouchシリーズはどちらかというとゲームというよりは仕事用に近いものがあると勝手に思っていますが、極端に「WASD」を押すゲームの場合にはテカテカになる覚悟をしておきましょう。

テカテカになってしまったFILCOのMajestouch Stingrayのキーキャップは、プラモデルの缶スプレーの「ツヤ消しクリア」をかけると元に戻ることもあります。

ただし、自己責任となってしまいます。

替えのキーキャップはダイヤテックにて、Majestouch Stingrayのキーキャップは販売されておりますが無刻印なので気を付けておきましょう。

Majestouch Stingray用無刻印キーキャップセット 購入ページ | ダイヤテック株式会社
Majestouch Stingray専用キーキャップセット /FILCOキーボードの製造・販売を行うダイヤテック株式会社です。

 

Majestouch Stingrayのキーキャップのスタビライザーは繊細なのであまり触らないほうがいい!

違い,発見私がよくやるスペースキーをさかさまにつけるのをMajestouch Stingrayでも試そうとしましたが、スタビライザーがキーキャップとほぼ直付けとなっていました。

Majestouch Stingrayにかかわらずスペースキーをさかさまにつける私にとっては、キーを引き抜いたときに壊してしまったと勘違いしてしまいました。

スタビライザーの針金は、今まで通りのMajestouchシリーズと同じ太さではあるものの、Majestouch Stingrayにおいては針金やキーキャップを壊してしまうかもしれません。

またスタビライザがMajestouch Stingrayのキーと直付けになっているので、さかさまにつけるというのはできない状態となっています。

Majestouch Stingrayを買ったら自信がない方は、そのまま使ったほうがいいかなと思います。

ロープロファイルのキーキャップは、純正のほかにも売ってはいますがMajestouch Stingrayに合うかどうかという微妙なラインです。

 

実はMajestouch Stingrayは耐久性の問題があるがブラインドタッチが得意な方に向いている!

FILCO,Majestouch,Stingray,レビューメンブレンからMajestouch Stingrayに乗り換えるのもいいだろうと思っていますが、ブラインドタッチがちょっとできる感じであれば問題ないと思っています。

ゲームにおいても仕事においても静かな打鍵音なので、Majestouch Stingrayはいいキーボードなのですが、ちょっとブラインドタッチができていれば安めなので買うのもいいです。

パームレストを使うとMajestouch Stingrayのキーに触れるときに、指の動きが大きく感じるかもしませんが大量の文字を入力する場合は疲れるかもしれません。

パームレストなしでMajestouch Stingrayを使ったほうがいいかなというのが個人的な感想です。

特に私が購入したキーキャップの全面に文字があるのは、文字が消えにくいのでいいですが、きれいに使いたいという方もいらっしゃると思いますので選ぶのもいいかなと思います。

FILCOのキーボードは仕事用に特化した光らないキーボードという位置づけだと勝手に思っていますが、Majestouch Stingrayはゲームの方が反応速度が早いのでいいかなとも感じます。

今までメカニカルキーボードに限らずメンブレンやパンタグラフのキーボードを使っていて、ブラインドタッチもそこそこできるという方向けなのかなというのが私のレビューとなります。

Majestouch Stingray赤軸日本語版

 

Majestouch Stingray赤軸英語版

 

まとめ

今回はFILCOのMajestouch Stingrayをレビューをしてみましたがいかがでしょうか。

高さが低いロープロファイルのメカニカルキーボードなので、パームレストはつけなくてもいいと思いますが心配なら低めのものを使っておきましょう。

またゲームや仕事の両方に向ているMajestouch Stingrayなので、ブラインドタッチが少しできるようであれば使えるキーボードだと感じました。

入力速度を速めるのには向いているMajestouch Stingrayなので、これからメカニカルキーボードを買う方の参考になってもらえばと思っています。

仕事でもゲームでも使えるMajestouch Stingrayなので、どういった使い方かで大きく変わってくると思います。

キーストロークを短いものにして使いたいとか、ブラインドタッチが少しできるというのであれば、仕事でもゲームでも使えるMajestouch Stingrayはいい商品なのかなと思います。

ただし、Majestouch Stingrayを購入したらキーキャップはテカテカに光る可能性があるのは考えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました