勤労感謝の日とは?お米が穫れたお祝いの新嘗祭!

2018年8月24日9月~11月の行事勤労感謝の日

勤労感謝の日

勤労感謝の日である11/23は、働くことができることをありがたいと感謝する日といわれています。

勤労感謝の日とはいっても、体の調子が悪く働けないこともありますので、追い詰めないでくださいね。

また勤労感謝の日ができる前は、新嘗祭(にいなめさい)とよばれている、お米が穫れたとお祝いをする日でした。

ふるさと納税でお米を買うのもいいのかなと思います。

いろいろな仕事で助け合っているので、自分自身が生きているのは、いろんな方のおかげであると感謝をするのもいいのかなと思います。

勤労感謝の日の由来そして、お米が穫れたという新嘗祭(にいなめさい)説明しますね。

 

勤労感謝の日はいつできたの?目的はなに?

由来,歴史勤労感謝の日ができたのは、1948年といわれています。

働いている人に感謝をしつつ、自分をのぞいたいろんな仕事をしている方にも感謝するという日です。私たちの生活は誰かの支えによって、助け合って生きていっています。

今働いている人も体の調子が悪く働けない人も、いろんな方の支えがないといけません。

勤労感謝の日だけというわけではありませんが、普段からいろんな仕事の方に感謝をしながら生活するのも大切ですね。

勤労感謝の日は特別ではありませんが、せっかくのお休みなので働いている人に感謝をしてみてはいかがでしょうか?

住んでいる家を作った人・食べ物を作ってくれる人などなど、いろいろな仕事の方もいます。

勤労感謝の日には、「みんなみんなありがとう」と思える日になるといいなと思っています。

勤労感謝の日の主な目的は、働いている人を尊敬し感謝をするという気持ちですね。

 

勤労感謝の日ができる前はお米が穫れた新嘗祭だった

飛鳥時代勤労感謝の日ができたのは1984年といわれていますが、勤労感謝の日ができる前には、新嘗祭(にいなめさい)とよばれる行事がありました。

新嘗祭(にいなめさい)の行事には、お米や野菜など私たちが食べる作物が穫れましたと神様に感謝をすることです。

新嘗祭(にいなめさい)は飛鳥時代からはじまり、お米を宮中に納めたところからはじまっています。

新嘗祭(にいなめさい)にお米がたくさん穫れたことをお祝いをし、お米を宮中へ贈ったといわれています。

そして宮中では新嘗祭(にいなめさい)の行事に、納めてくれたお米を神様におそなえをし、お米が穫れたというお祝いをしたとされています。

飛鳥時代から続く今でも新嘗祭(にいなめさい)は、お米や野菜などが穫れたというお祝いを神社や皇居などで行われています。

 

勤労感謝の日である新嘗祭までは新米が食べられなかった?

お米,新嘗祭お米やパンなどを普段から食べているわけですが、昔は新嘗祭(にいなめさい)が終わらないと新米が食べられなかったといわれています。

勤労感謝の日である新嘗祭(にいなめさい)は、お米などが穫れたというお祝いを宮中で行われていましたが、日本国民にも新嘗祭(にいなめさい)の行事がありました。

今では新米が食べられないというのは、冷夏や曇や雨の日がとても多い年にマレありますが、お米は今も昔も変わらず大切なものです。

飽食(ほうしょく:食べ物が多いこと)の時代といわれているわけですが、勤労感謝の日でもある新嘗祭(にいなめさい)では、今も昔もお米を大切にする気持ちが重要だと思います。

家に神棚(かみだな)がある場合には、新米を勤労感謝の日である新嘗祭(にいなめさい)に合わせ、おそなえをするというのも昔ながらでいいと思います。

今では考えられない新米が食べられないということはないと思いますが、せっかくの勤労感謝の日である新嘗祭(にいなめさい)なのでお米に感謝するのもいいですね。

 

勤労感謝の日である新嘗祭にお米をふるさと納税で買ってみよう

ご飯勤労感謝の日である新嘗祭(にいなめさい)では、お米が穫れましたとお祝いする日でしたよね?

そこで毎日お米を食べているあなたへふるさと納税を利用し、お米を頼むというのを提案してみようと思います。

ふるさと納税に関する記事はこちらからどうぞ。

ふるさと納税を利用し、税務署へ確定申告をすると1年間払った税金が少し戻ります。

そこでふるさと納税を利用し、おいしいお米を買ってみるのもいいだろうと思っています。「さとふる」や「ふるさとチョイス」がいいと思うので、リンクを貼っておきます。

 

募金するのもいいですが、ふるさと納税も募金の1つだと考えられますのでご検討いただければと思います。

お米は「コシヒカリ」や「コシヒカリ」そして「あきたこまち」があり、「ミルキークイーン」やめったにお店で見ることがない「ササニシキ」もありますので、お米が主食という方にはいいのだろうと思います。

勤労感謝の日である新嘗祭(にいなめさい)なので、せっかくならお米をふるさと納税で頼むというのもいいだろうと思いますよ。

 

まとめ

勤労感謝の日や勤労感謝の日である新嘗祭の説明をしましたがいかがでしょうか?

勤労感謝の日には、働けることがありがたいと感謝をしたり、いろんな方が働いているからこそ成り立っている世の中です。

勤労感謝の日ができる前は、新嘗祭(にいなめさい)というお米が穫れたお祝いを行っています。

お米を毎日食べるという方に、ふるさと納税や炊飯器の紹介もしてみました。

勤労感謝の日も新嘗祭(にいなめさい)も秋の行事ですので、せっかくなのでおいしいお米を食べて、秋のおいしい味覚と楽しむのも勤労感謝の日の過ごし方なのだろうと思います。

無理して買う必要はないと思っていますが、もし気になるようであれば参考にしてもらえばと思います。

私たちが健康で楽しく過ごすことができる毎日のために、勤労感謝の日にはいろいろな方へ感謝をするのも大切だと思います。

The following two tabs change content below.
はると

はると

元オーディオエンジニアのはるとです。WordPressサイトの作成や、電子回路の設計または、故障した機器の修理を行っています。WordPressのサイトを作成したい方や電子回路の設計を依頼したい方はお問い合わせからご連絡ください。 音楽・PC・家電・読書が趣味で、PCを含む家電は得意ジャンルです。