雪かきのスコップは軽い方がいい?腰の痛みに注意

2018年12月28日暮らし雪かき

雪かき

冬になって困ってしまうのは、雪かきかなと思います。

雪さえ降らなければいいというのは、夏の水不足を引き起こしてしまうため仕方ないですよね。

とは言っても、雪かきをした後に困ってしまうのは腰の痛みかなと思います。

腰の痛みが起こるのはどうしてなのか?というのも考えないといけませんが、軽いスコップであれば、関東などのベチャベチャした重い雪に対応できると思います。

雪かきをしなければ朝に凍ってしまい、ツルツル滑ってしまいケガをしてしまうこともあるでしょう。

雪かきの後の腰の痛みを怖がっていては、あなた自身ではなく他の方も困ってしまいます。

特に受験生にとってすべるという言葉は、ナーバスになってしまいがちです。

そこで腰の痛みをなるべく減らすようにするために軽いスコップを紹介してみたいと思います。

 

ベチャベチャの雪になってしまうのはどうして?

雪,溶ける,雪かき関東など太平洋側の雪は、南からほんの少し暖かい空気が入ってきます。

暖かい空気とは言っても、冬なのでそこまで暖かいわけではないですが、日本海側や北海道よりも地上の空気の温度が高くなります。

エルニーニョだろうがラニーニャだろうが、冬には北から冷たい空気が入ってきます。

北から来る冷たい空気が悪さをしているわけですが、太平洋側には雨を降らす湿った空気が入り込んでしまいます。

雨雲はただの綿あめのようなものではなく、小さな氷が地面に落ちてきます。

地上へ近づけば近づくほど暖かくなるので、氷が溶けて雨になるというのがよくあります。

冬は北からの冷たい空気が入っているので、どうしても氷が溶けにくくなってしまい、かろうじて溶けた氷が雪となってふってきます。

特に太平洋側は、湿った空気や少し暖かい空気が入ってくるので、サラサラした雪ではなく湿った雪になりやすいです。

 

降った後の雪かきはプラスチックのスコップでラクラク

雪かき,プラスチック,スコップ雪が降り終わったのが早ければ早いほど、雪かきは多少ラクになりますよね?

とは言っても降り終わったあとであっても、雪は水分があるので重くなりやすいものです。

雪かきする範囲が広ければ広いほど、腰を曲げたりのばしたりする作業なので、腰も痛くなってしまうこともあるでしょう。

ではどうするか?という問題になったときに、プラスチックのスコップであればスコップの重さが少し軽くなるので、腰の痛みがひどくならないですむこともあります。

降り終わった後を考えると、固まっていない雪かきなのでプラスチックの軽いスコップであれば、雪かきのときに無駄に力をいれなくてもいいという考え方です。

雪かきで軽いプラスチックのスコップを使うというのは、誰も踏み固めていない雪でないと難しいですが、お店で軽いプラスチックのスコップを探してみてはどうでしょうか?

参考ではありますが、雪かき用の軽いプラスチックのスコップを紹介しますね。

 

雪の量が多い日本海側も雪かき用の軽いスコップでラクに

雪主に太平洋側の雪かきを書いていますが、日本海側は太平洋側と雪の質が変わってきますよね。

日本海側は雪の量が多いので、雪かきをするときもとても重く大変な冬になってしまいます。

先ほど紹介したプラスチックのスコップを使えば、多少ラクになる程度かと思います。

多い雪でも対応できる軽い雪かき用のスコップなので、買い替えるときの参考になればと思っています。

ベチャベチャな雪でなくても、量が多いというのが日本海側の悩みかと思います。

場合によっては、家の屋根が雪の重みでつぶれてしまうこともありますので、降り終わった後ではなく20cmくらい雪がつもってから軽いプラスチックのスコップで雪かきという目安を立てているかと思います。

今まで太平洋側に住んでいて、日本海側へ引っ越すというときにも雪かきはプラスチックの軽いスコップは必要だろうと思います。

雪が降っているときは寒く、雪かきをしていると運動しているのと変わらなくなるので、暖かくなり汗をかくこともありますが、すぐに着替えたり休んでみたりすると風邪に注意できるでしょう。

もちろん手首が痛むという場合にも軽いプラスチックの雪かき用のスコップなので、サポーターなどで手首を固めれば痛みは多少マシになりますが、手首も腰も痛みがあまりにひどい場合には整形外科や接骨院へ行くようにしてくださいね。

 

固まってしまったときの雪かきはアルミのスコップでラクラクに

雪かき,スコップ,アルミまたまた太平洋側の雪かきについて書いていきますね。

水分の多い雪が降る太平洋側の場合は、降り終わったあとが夜中であれば、朝になるとガチガチの雪になっている場合もあります。

プラスチックの軽いスコップでは歯が立たないこともありますが、スチールのスコップを使うと重いですし体も痛くなってしまいます。

そこでアルミでできた軽いスコップを使うといいです。

ガチガチの雪かきは、スコップが入っていかないので力を入れないといけません。

そして雪は重くなってしまい、より体を使わないといけなくなるので、スコップ分は軽くして体の痛みに対処した方がいいです。

アルミの雪かき用のスコップは、完全に固まってしまいツルツルになる前に雪かきをするようにしてください。スコップの先端が曲がってしまいます。

無理に力を入れるとアルミの性質というのもありますが、スコップが壊れることもありますので注意してください。

スチールの雪かき用のスコップもありますが、アルミの方が軽いので参考として商品の紹介をしておきます。お店へ行き重さを確かめてみてくださいね。

 

パンチングされた雪かきのスコップは軽くて丈夫

雪かき雪かきをするときに使うスコップに穴が開いた、スコップがあります。

スコップに穴が開いているのもあり、スコップが軽量化されつつ雪かきの性能はスチールの重いスコップなみの強さです。

穴が開いているスコップだからといって雪かきの性能が下がらないのがいいところです。

なぜパンチングされたスコップが軽いかというと、パンチングされた穴の分だけスコップの重さが減ります。

スコップの重さが減って軽くなりながらも鉄の頑丈さが残っているので、雪かきに向いているスコップだと言えます。

メーカーによって雪かきのスコップの呼び方が変わりますが、スコップに穴が開いているタイプのパンチングされたスコップを使うと、ガチガチに凍ったところでもラクに雪かきができます。

パンチングされたスコップはホームセンターでも売られていることもありますが、なかなか見ることができないのであればネットで購入というのもいいのだろうと思っています。

雪かき用のスコップとして使うのもいいですし、庭いじり用に使うスコップにも向いているパンチングされたスコップの方が、1年中役に立つと思いますよ。

また軽いスコップなので腰の痛みがマシになります。

 

まとめ

雪かき用のスコップや雪かきの後の腰の痛みについて説明しましたがいかがだったでしょうか?

雪かきのあとに腰が痛くなる場合が多いので、痛みがひどければ整形外科や接骨院などに行くようにしてください。

雪かきのスコップは、プラスチックのものとスチールのものそして、アルミのスコップもあります。

もっと性能の高い穴の開いたパンチングされたスコップもありますので、雪かきのあとに腰の痛みを少しでもおさえようとするなら、パンチングされたスコップの方がいいと思います。

特に寒くて凍ってしまい硬くなった雪かきは、ムダに力が入りますし思いスチールのスコップを使わないといけなくなってしまいます。

パンチングされたスコップを使うとラクだと思ってもらえるように、パンチングされたスコップを1つだけですがピックアップしてみました。

雪が降っているときや降ったあとは、滑ったりすることもあり危険です。決して無理や無茶をしないでくださいね。

The following two tabs change content below.
はると

はると

元オーディオエンジニアのはるとです。WordPressサイトの作成や、電子回路の設計または、故障した機器の修理を行っています。WordPressのサイトを作成したい方や電子回路の設計を依頼したい方はお問い合わせからご連絡ください。 音楽・PC・家電・読書が趣味で、PCを含む家電は得意ジャンルです。