マウスバンジーはあったほうがいい?FPSなどではあったほうがいい!

マウス,ゲーム

この記事はで読むことができます。

記事内に広告を含みます

FPSを中心としたPCゲームが流行っている中で、ゲーミングマウスのUSBケーブルがどうしても邪魔になることがあるでしょう。

ゲーミングマウスじゃなくても有線のマウスを使って、マウスを大きく操作したり範囲を狭めて操作をしたとしても、どうしてもマウスのUSBケーブルが邪魔になったりします。

マウスが重く感じるのは本体の重さがほとんどを占めていますが、USBケーブルがついている有線はどうしても重く感じてしまうものです。

マウスバンジーはいらないという方もいますし、あったほうがいいと言われる方もいる中でもあったほうがいい場合もあります。

ゲームをしてもしなくてもマウスのUSBケーブルが邪魔にならないようにするパーツ、マウスバンジーを使ったほうがいい場合や紹介をしていこうと思います。

マウスバンジーとは?有線マウスのUSBコードが無線並みに邪魔になりにくい!

まずはマウスバンジーの説明を行っていきますけども、無線マウスを使っていて有線マウスに絶対にしないという場合には必要のない記事になるでしょう。

マウスバンジーをそのままの意味でとらえてしまうと、マウスを高いところから落としてUSBケーブルで完全に机にぶつからないというように考えがちかもしれません。

マウスバンジーのバンジーの「バンジー」は、英語で「bungee」というスペルなんですけども、太いゴムひもというのが名詞の意味です。

マウスを太いゴムひも(実際にはバネやシリコンを使っている)で、マウスのUSBケーブルを机の上に吊ってしまいましょうというPC周辺機器です。

マウスバンジーでUSBケーブルを吊ってしまえば、マウスのUSBケーブルが邪魔にならないのもあって、マウスが軽くなり手首が痛くなるというのを少しでも防げます。

マウスバンジーって本当に必要?いらないのでは?

有線マウスを使いつつFPSを代表とするゲームなどのようなマウスを激しく扱う場合に、なるべくならマウスバンジーを使った方がマウスが動かしやすくなります。

例えば、私が使っているXtrfyのN4 RGB RETRO のような軽量のゲーミングマウスであれば、USBコードが軽かったりするのでいらないのかなと思います。

マウスを使っていて手首が疲れたり痛くなるのであれば、電池式の無線マウスを使うよりマウスバンジーを利用して軽量化された有線マウスを動かしたほうがケガしにくいでしょう。

マウスが重かったりUSBケーブルが重かったりするときには、マウスバンジーを使って手首とUSBケーブルの擦れの保護をしたほうがいいと考えています。

軽量化された有線マウスであれば、マウスバンジーは確かにいらないかなと思いますけども、マウスを使っているときに手首が痛んだりケーブルが邪魔という場合に使うといいでしょう。

マウスバンジーのおススメ5選で手首とケーブルの擦れをケアしよう!

ENDGAMER GEARは太いケーブルには向かないが重さがあるので非常にいい

COUGARの最新もコンパクトで吸盤なので動かない

Razerの最新光らないマウスバンジーは軽量マウスの太めのケーブルにも対応

Xtrfyのマウスバンジーは人気でコンパクト

Hotline games

マウスバンジーを安く自作はリスクがある!

マウスバンジーを安くするには自作するという方法もありますが、軽量化されたマウスを使っている場合には、かえってマウスのUSBケーブルがダメになってしまう場合があります。

マウスバンジーを使わないか、使うかのどちらかにしたほうがいいです。

マウスのUSBケーブルを宙に浮かせるのがマウスバンジーなので、なんらかの余計な力がピンポイントで入ってしまいます。

軽量化されたマウスのUSBケーブルは、布を代表とする軽い素材でできているので、ピンポイントで力が入ると断線する可能性があります。

特に軽量化されたマウスのケーブルは柔らかくて軽いので、自作をやめ製品となっているマウスバンジーを使うようにしてください。

まとめ

マウスバンジーを使ったほうがいい場合やマウスバンジーの紹介をしましたがいかがでしょうか。

マウスバンジーはバネのようなものにケーブルを吊り下げて、ケーブルの余計な動きを抑えてマウスを軽くするパワーがあります。

またマウスを使っていると邪魔になるコードは、マウスバンジーを使えば机にケーブルがつきにくくなるので断線のリスクが減ります。

マウスバンジーはマウスからあまり近いと邪魔になってしまいますので、マウスを動かす範囲くらいのところに置いたほうがいいです。

また自作のマウスバンジーを使おうと思っている場合には、1点2点で支えないで面でケーブルを支えるようにして壊さないように注意してください。

PCパーツショップの店員さんにお願いすれば、マウスバンジーとマウスを組み合わせてくれるお店もあるので行ってみるのもいいですね。

FPSなどのオンラインゲームにおいてケーブルが邪魔というのは、デメリットしかないのでマウスバンジーを使ってみましょう。