安くて軽いMM710をレビュー!何でも使える滑りの良さ

2020年3月23日家電・ITMM710

クーラーマスター,MM710

クーラーマスターから出ているMM710という穴ぼこが開いたマウスを買ったのでレビューしたいと思います。

穴ぼこが開いているマウスと言えば、FinalmouseXtrfyのマウスが有名ですがなにせ高い!

クーラーマスターのMM710は、軽さでは2つのマウスには勝てないですが十分軽くて滑りもいいので、ゲーミングマウスと位置にあるものの普段使いにもいいです。

今回は、クーラーマスターのMM710が安くて滑りが良くて軽いというところから、個人的におススメできると思ったため記事として書いていこうと思います。

有線マウスであるクーラーマスターのMM710なんですが、無線と比べても自由に行き来できる軽さや滑りの良さもあってか、まるでUSBケーブルがないみたいな軽さですよ。

手首が痛むというあなたであれば、FinalmouseとかXtrfyのような高額なマウスでもいいですが、安くて軽く滑りのいいクーラーマスターのMM710を視野に入れてみてくださいね。

 

安い!軽い!滑りがいい!3つのいいがそろったクーラーマスターのMM710のスペックは?

軽量マウスのなかでは最も安いクーラーマスターのMM710なんですが、MM710のスペックを見てみましょう。

参考としてFinalmouseとXtrfyのマウスも出しておくので比較しやすいかと思います。

MM710Finalmouse Ultralight 2XTRFY M4 RGB
重さ53g47g69g
サイズ

(幅x長さx高さ)

62.6×116.6×38.3mm54.0×116.0x36.0mm68x120x39mm
CPI/DPI400~16000の7段階400~3200の4段階400~16000の8段階
サイト公式サイト販売サイト公式サイト

マウスの重さでいうとFinalmouseが一番軽いですが、よくあるマウスの重さは95gで無線の場合は100gくらいなのでかなり軽いマウスです。

値段で順位をつけるとするならFinalmouse>Xtrfy>MM710の順に安くなっていきます。

持ちやすさなんですが、MM710はやや滑りそうな感覚があるのですが軽いのであまり心配ないかなと思います。

もし滑ってしまって嫌だなという場合には、私が良くやる方法としてテニスやバドミントンに使うグリップテープに両面テープを貼ってマウスにつけると持ちやすくなります。

 

徹底した肉抜きと柔らかいケーブルでより軽量になっているMM710

軽量マウスに共通しているのは、肉抜き(穴ぼこ)を徹底しているのでかなり軽いというところでしょう。

またケーブルもゲーミングマウスに使われるスリーブケーブルに似ているものの、かなり軽くて柔らかいのもあってマウス操作も軽いです。

安くて軽量のクーラーマスターのMM710の場合は、机やマウスパッドからほんのちょっと距離を置くと反応しにくくなるので、マウスソールにカグスベールや市販の滑りやすくするものを使わなくてもいいです。

クーラーマスターのMM710のソールにはテフロンが貼りつけているので、滑りがかなりよくマウスを動かしまくるゲームではかなり有効だと思います。

軽量であるクーラーマスターのMM710を使った方がいいと思うのは、手首が痛くなったり腱鞘炎などのトラブルに向いているマウスといえます。

ゲームでも仕事でも学校でも使いやすいクーラーマスターのMM710だと思います。

 

クーラーマスターのMM710のDPI変更はバグがあるがファームウェアで対処できる

クーラーマスターのMM710のDPI変更のところは、Windowsが起動したときに動きがなめらかではなくカクカクするときがあります。

このカクカクとしたマウスの動きというのは、初期不良ではなくてバグがありますが、クーラーマスターのMASTERPLUSというソフトでMM710のDPIのバグが修正ファームウェアがあります。

クーラーマスターのMM710を買ってPCにUSBで接続する場合には、必ずMASTERPLUSをインストールしておいた方がいいです。

もちろんMASTERPLUSをインストールしなくても動きますが、クーラーマスターのMM710のDPI変更のボタンを数回押せば滑らかに動きます。

毎回DPI変更のボタンを押すのも大変だと思うので、クーラーマスターのMM710のバグの修正ファームがあるMASTERPLUSをインストールしておくと楽に使えますよ。

 

クーラーマスターのMM710にはAmazonでしか売っていないものと家電量販店用がある

クーラーマスターのMM710を買うのは、PCパーツが売っている家電量販店(ビッグカメラ・ヨドバシカメラ・ソフマップなど)でもいいですが、Amazon専用のMM710もあります。

家電量販店で売られているクーラーマスターのMM710は、つやありのピカピカのマウスなんですが、Amazon専用で売られているMM710はつや消しです。

つやあり黒

つやあり白

つやありでもいいかと思って買った私なんですが、つや消しの方がいいという場合にはAmazonで購入するようにしてください。

 

穴ぼこがあるクーラーマスターのMM710はエルゴノミクスデザイン

クーラーマスター,MM710先ほど手首の痛みや腱鞘炎のある方には向いていると説明しましたが、そもそもクーラーマスターのMM710はエルゴノミクスデザインです。

穴が開いているにも関わらずエルゴノミクスデザインというのは、かなり珍しいクーラーマスターのMM710だと思います。

もちろんFinalmouseやXtrfyもエルゴノミクスデザインなんですけども、やや持つところがもり上がっているのもあり手になじみやすいクーラーマスターのMM710です。

長時間のマウス操作で手首を痛めたりするのを軽減させる能力がある、クーラーマスターのMM710だと思います。

腱鞘炎の方は念のためサポーターをつけたり、整形外科医に聞いてみてください。

軽ければいいという問題でもないかなと思いますが、少しでも手首の負担を消せるのは、軽量であるクーラーマスターのMM710だと思います。

 

まとめ

軽量で安いクーラーマスターのMM710を買ってので簡単なレビューをしてみましたがいかがでしょうか?

USBケーブルも軽量になるような設計をしていますし、ソールがテフロンというのもあってかなり軽い力で滑るマウスです。

穴が開いているクーラーマスターのMM710なので、夏場に使っても問題はないでしょう。

クーラーマスターのMM710にはDPI変更のところにバグがありますが、初期不良ではなくファームウェアで対応できるので焦ってしまわないようにしてください。

軽くて快適に使えるクーラーマスターのMM710をぜひ使ってみて、手首の痛みや疲れに対応してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
はると

はると

元オーディオエンジニアのはるとです。WordPressサイトの作成や、電子回路の設計または、故障した機器の修理を行っています。WordPressのサイトを作成したい方や電子回路の設計を依頼したい方はお問い合わせからご連絡ください。 音楽・PC・家電・読書が趣味で、PCを含む家電は得意ジャンルです。