6/1と10/1の衣替えとは?いつからはじまったの?

洗濯6月~8月の行事
スポンサーリンク

衣替えは、6/1と10/1の2回ですよね?

衣替えの頃になるときは、急に暑くなったり、急に寒くなることがあります。

あまり気にしないで、暑いときは夏用の服にして、寒いときには冬用の服にした方がいいのだろうと思います。

6月/1と10/1なので、どちらも衣替えとしては、中途半端な日だろうと思います。

衣替えをするとき、洗濯して服をしまいますか?防虫剤をタンスに入れていますか?

衣替えの時に、服を出してみたら虫に食べられていたというのもあったり、カビが生えるということもあります。

そのために色々なグッズがありますが、任せっきりはよくありません。

衣替えをしたために、長期間放置することもあります。

毎日、タンスを開けて全部の服をチェックするのは、大変なことですよね?

たまにタンスに入れた服をチェックするといいと思います。

さて、衣替えにはキチンとした歴史があるのをご存知でしょうか?

衣替えの歴史から説明しますね。

 

衣替えは平安時代から始まった!

平安時代衣替えというのは、平安時代から始まったのです。

衣替えは朝廷からはじまり、みんなに広まりました。

着物を着ていましたので、夏は暑いですし冬は寒いです。

着物の裏には、わたが入っていました。冬の寒い日に耐えるためです。

衣替えになると、着物の裏のわたを入れたり、出したりしていたのです。

鎌倉時代になると、衣替えのときに、家具や食器なども変えていました。

四季に合わせたものを使っていたのです。

季節に合わせた、楽しみもありました。

明治時代になると、着物から洋服へ変わっていきました。

今では、学校や会社でもスーツや制服の衣替えがあります。

形は変わっていますが、衣替えのルーツは平安時代の着物ということです。

 

衣替えには、虫食いの注意を!いつ洗えばいい?

洗濯衣替えになって、冬服や夏服に変えるときに一番面倒なのは虫食いです。

この虫は、服の繊維(せんい)を食べるという不思議な生き物です。

冬に幼虫になって、春まで過ごしますが、この時に服を食べてしまうのです。

というのも、春になると虫はさなぎになるのです。

そして衣替えの頃に、さなぎから大人へなり、頼みもしないのに卵を産みます。

服が虫に食べられてしまうのは、幼虫である冬と、卵を産んでから幼虫になる秋ということなのです。

この虫は、服についた汚れを中心に食べます。

これらから言えることは、虫食いに注意するのは、衣替えの前に洗っておくのが良いということです。

カンペキに洗うというのは、難しいですが、防虫剤も入れたり服をどう入れるかによって虫食いをおさえます。

衣替えの前と覚えていただければいいかなと思います。

では、衣替えで悔しい思いをしないように、どうやって虫食いを防ぐかを説明しますね。

 

衣替えで悔しまないための虫食い防止は?

OK,Good衣替えのときにイラっとしてしまう虫は、光と熱に弱いので薄暗いところで大活躍してしまいます。

衣替えの時に、薄暗いところにしまうのも分かります。

太陽の光で、色が変になってしまうからです。

衣替えのときには、日光を当てないように服をしまって、虫対策をしていると思います。

衣替えに前に、ガッツリと服の汚れを落とすのは、やっているはずです。

どうすれば、服を守るか?を考えるのが手っ取り早いです。

服を横にしてしまっていると、虫はドリルのように食べ、縦方向に穴が開いてしまうのです。

防虫剤のなかには、いろいろな薬品が入っていますが、空気より重いので薬品の混ざった空気が下へいきます。

防虫剤の薬品の性質を生かし、衣替えの時に、服をたてにしまい防虫剤を上に置くのがいいのです。

布団圧縮袋のように、空気を減らした袋の中に服を入れると、虫の居心地がわるくなり虫食いを防ぎます。

虫の卵をなくすために、アイロンをかけられる服はかけておいた方がいいです。

 

まとめ

衣替えの歴史は平安時代からという、むかしからの話からはじまっています。

服の形は変わりましたが、衣替えをするのは変わっていません。

衣替えの歴史を知っておくのは、豆知識という感じで知っておくといいです。

服をキチンと洗い、アイロンをかけられる服であればアイロンをかけることです。

防虫剤や服のしまい方も工夫をすると、衣替えの時に悔しい思いをしなくてもよくなります。

何年も着ていない服は、繊維(せんい)にダメージがかかってしまいますので、定期的に陰干しするのもいいですよ。

服を時期のトレンドを取り入れると、どうしても服の数が多くなってしまいます。

いつか着るとは思いますが、せっかく買った服なので、大切にすることを心がけないといけませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました