ハロウィンとは?カボチャの意味とは?コスプレして楽しもう

ハロウィン,コスプレ,仮装9月~11月の行事
スポンサーリンク

10/31に行われるハロウィン(Hallowen)は、コスプレ(仮装)をしながら楽しんでいる方が多いかと思います。

いつからか日本でも一部ではありますが、ハロウィン(Hallowen)にちなんだコスプレ(仮装)や、ハロウィングッズを売っているところもあります。

古くはヨーロッパのケルト族とよばれる人たちが作った、収穫をお祝いするハロウィン(Hallowen)ともよばれています。

キリスト教の記念日である「万聖節(ばんせいせつ)」が11/1というのもあり、その前日である10/30にハロウィン(Hallowen)ができあがりました。

ハロウィン(Hallowen)のアメリカバージョンは、子供がコスプレ(仮装)し家に行って「お菓子をくれないといたずらするぞ~」というのがあり方です。

日本でのTVやネットでの情報が、どこまで事実か分かりませんが渋谷で大人たちが集まっているというのもあります。

ゴミの問題もあるにはありますが、ゴミ箱も少ないためなるべく自分たちで出したゴミは自分で持ち帰るくらいの量にしておいたほうがいいですね。

それでは、ハロウィン(Hallowen)でコスプレ(仮装)をして楽しむ説明をしますね。

 

ハロウィン(Hallowen)の由来とは?ヨーロッパから始まった

アイルランドハロウィン(Hallowen)は、もともとキリスト教の「万聖節(ばんせいせつ)」とよばれる、キリスト教ならではのお祭りがあります。

「万聖節」というのは、秋になり作物を収穫をお祝いするお祭りです。

キリスト教の「万聖節」は、古くはヨーロッパのケルト族とよばれている人たちによる作物の収穫をお祝いするものでした。

日本でいう「大晦日(おおみそか)」が「万聖節」であり、悪霊(あくりょう)や魔女が来るともいわれていました。

「万聖節」の前日であるハロウィン(Hallowen)に火をつけ、悪霊や魔女から家族を守るための行事となっていきました。

ハロウィン(Hallowen)になると火をつけるだけでなく、作物の一部を悪霊や魔女に渡していたともいわれています。

だんだんと「万聖節」やハロウィン(Hallowen)が広まっていき、アイルランドまで広がっていきました。

ハロウィン(Hallowen)や「万聖節」が広まっていくと、今のハロウィン(Hallowen)の火はカボチャの中につけますが、カブが使われました。

悪霊や魔女に作物を渡すのではなく、子どもたちがお化けに変わってコスプレ(仮装)を行い、家を訪ねていったというのが由来です。

 

ハロウィン(Hallowen)はやがてアメリカへやってきた!

ニューヨークアメリカに持ち運ばれたハロウィン(Hallowen)は、クリスマスなみに盛り上がっています。

本来の「万聖節」から少し形が変わってきましたが、街は一気にハロウィン(Hallowen)仕様となり、クリスマスのように飾りつけなども行われています。

アメリカは、キリスト教(全員ではないですが)の方が多いというのもあるのでしょう。

子どもたちが、魔女やお化けのコスプレ(仮装)をし家をまわって、「Trick or Treat(直訳:悪だくみをするか?良いことをするか?)」と言います。

「Trick or Treat」というのは、省略された英語であり実際には「Treat me or I will trick you.」の略です。

よくハロウィン(Hallowen)の言葉である「Trick or Treat」は、「いいことをしないとあなたに悪だくみをするよ」というのが本来の意味だといえます。

つまり、「家に来た子どもたちをよくしてあげないと悪いことをするぞ」ということであり、なんだか怖い子どもに思えてきます。

英語ならではの意訳(いやく)によって、「お菓子をくれないといたずらをするぞ~」へと変わっていきました。

子どもならではのかわいらしい言葉になったのでしょうね。

「お菓子をくれないといたずらするぞ~」と言われた家の大人たちは、「Happy Hallowen(ハッピーハロウィン)」と言ってからお菓子をあげています。

ハロウィン(Hallowen)のジャック・オー・ランタンとは?

ジャックオーランタン,カボチャ,ハロウィンハロウィン(Hallowen)で見る、カボチャをお化けに見立てて作られるジャック・オー・ランタンは、本来はヨーロッパからきたカブで作られていました。

ジャックという人がいて、まぁ荒くれものとも言えるくらいの悪いことばかりしていました。

ある日ジャックは、「命をあげるからおいしいお酒が飲みたい」と悪霊と交渉し、ジャックが持っていた十字架(じゅうじか)をお金と一緒に出し悪霊をふうじこめました。

ジャックと悪霊のやり取りは、他にもリンゴを食べたいと言い同じように悪霊と交渉し、悪霊はジャックの命は取らないと約束をしました。

ジャックが亡くなったときに、生前の悪さによって地獄へ行くはずでしたが、悪霊はジャックとの約束を守りました。

そのため、ジャックは天国にも地獄にも行けず、暗いところををさまよっていました。

明かりを求め、カブをお化けの形にくり抜いてランタンにし、明かりを消さないようにしたといわれています。

アメリカに渡ったハロウィン(Hallowen)は、カブが獲れにくくカボチャがよく獲れるのでカボチャのジャック・オー・ランタンになりました。

日本でも見るハロウィン(Hallowen)のジャック・オー・ランタンには、このような怖いお話がありました。

 

ハロウィン(Hallowen)にコスプレ(仮装)をして楽しもう!

ハロウィン日本にきたハロウィン(Hallowen)は、アメリカから来たハロウィン(Hallowen)によく似ているように個人的に思っています。

違うところは、子どもが主役ではなく大人が主役であるというところでしょうか?

日本でもキリスト教の方はいらっしゃいますし、TVやネットで東京の渋谷でハロウィン(Hallowen)パーティーが行われています。

コスプレ(仮装)をして、街を歩いていたり食べ物を食べていたりと、普段やらないことをやるという特別な日がハロウィン(Hallowen)だと思います。

コスプレ(仮装)をやる場合も、「みんなと違うコスプレ(仮装)をしたい」とか「とにくかく無難なコスプレ(仮装)をしたい」などあるでしょう。

そこで、ハロウィン(Hallowen)を楽しむための、人気コスプレ(仮装)商品を5つピックアップしますので参考にしてください。

 

執事

巫女

乃木坂46(男性・女性あり)

赤ずきん(子ども用)

 

まとめ

ハロウィン(Hallowen)の由来とコスプレ(仮装)で楽しもうというところをピックアップしてみましたがいかがだったでしょうか?

ハロウィンの由来は、キリスト教の行事ではありますが、日本に来てからは誰もが楽しめるようになってきました。

また、ジャック・オー・ランタンについても説明しましたが、意外と怖い話かと思います。

事実を知るのも大切なことではありますが、怖がっていないでコスプレ(仮装)をして楽しんでもいいのではないかと思います。

コスプレ(仮装)も5つほど紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

気になるものや、着てみたいコスチュームはありましたか?

毎年のようにTVやネットでは、ハロウィン(Hallowen)の後のゴミについていろいろなところで見かけます。

多く人が来るので、ゴミ箱も限界にきているのではないかと思います。

最小限の荷物で来て、なるべくゴミを持ち帰ることができるように楽しんでいればいいのかなと思っています。

いつの日かハロウィン(Hallowen)が日本でも行われるようになりましたので、楽しく迷惑をかけないように楽しんでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました