USBのLEDライトは持ち運び楽!手軽に使えるライト

デスク,ライト家電・IT
スポンサーリンク

USBタイプのLEDライトを100円ショップで見かけたこともあるかと思います。

USBのLEDライトには大きく分けると2種類あります。

クネクネ曲げるタイプのフレキシブルタイプと、勉強や仕事でも使えるスタンドタイプです。

スタンドタイプの方がやや高いのもあるので、今回は災害時にモバイルバッテリーに接続ができ、少しくらい場所でもPCのキーボードを照らすLEDライトメインに説明していこうと思います。

USBのLEDライトの価格帯は安いものは100円からになっており、スタンドタイプのUSBのライトになると安くても1500円くらいです。

オールマイティーに使える安いタイプのフレキシブルのUSBのライトを1つ持っておくと、災害時にも役に立ちますしちょっとした読書やPCの操作にも役に立つのでおススメしたいと思います。

それではUSBのライトでのフレキシブルとスタンドタイプを比較していきましょう。

 

USBのLEDライトは使い方を考えてフレキシブルかスタンドを選択しよう!

デスク,ライトUSBに接続をするLEDライトには、自由に曲げたり伸ばしたりできるフレキシブルというタイプと、机などに置いておくスタンドライプの2つがあります。

他にも机やテーブルそしてノートPCのどこかにはさむクリップタイプなどありますが、クリップタイプなどのUSBのLEDライトの種類が少ないのもあって紹介はしますが後ほどということにします。

USBのLEDライトのフレキシブルタイプというのは、USB端子に直接接続して少し硬めのケーブルを曲げて使うのもあり、ノートPCのキーボードを照らしたりモバイルバッテリーに差してコンパクトに照らすのに向いています。

災害時にモバイルバッテリーとUSBのLEDライトを一緒に持っていくと、懐中電灯の代わりをしてくれるので持っていくものが減り移動しやすくなります。

個人的な考えですができるだけ、明るい場所でPCを使うようにした方が目にいいのもあったり、夜遅くまでPCを扱うのも睡眠に異変が出るかもしれないためなるべくやめた方がいいと思います。

一方、スタンドタイプのUSBのLEDライトの場合は、机の大きさが大きかったり置く場所が確保できるのであれば利用してもいいかと思います。

スタンドタイプのUSBのLEDライトの方が白や橙色などの色を変化させたりできるので、間接照明として使おうと思えばできますので間接照明として使えるUSBのLEDライトの紹介もします。

スタンドタイプであれば持ち運びがやりにくいのもあって、できる限りUSBのLEDライトを置きっぱなしにした方がいいでしょう。

 

USBのLEDライトのフレキシブルタイプの製品3選

 

スタンドタイプのUSBのLEDライト3選

 

バータイプのUSBのLEDライトやクリップタイプなど持ち運び自由なものもある!

デスク,ライト机やテーブルにはさむタイプのUSBのLEDライトのいいところは、持ち運びは簡単であってデスクトップでもノートPCでも使えますし、災害時などでもモバイルバッテリーに接続すると非常に便利です。

またバータイプのUSBのLEDライトでは、PCデスクにも取り付けられますが固定するタイプが多いです。

バータイプのLEDライトは持ち運びに難がありますが、格安で使えるUSBの照明としていろんな場所に取り付けられます。

バータイプのLEDライトの場合は、明るさや光の色を調整するタイプが多いのがいい所だと思っています。

 

クリップタイプのUSBのLEDライト3選

 

バータイプのUSBのLEDライト3選

 

まとめ

USBのLEDライトについて説明や紹介をしてみましたがいかがでしょうか。

USBのLEDライトにはフレキシブルのようにグニャグニャ曲がるタイプと、机などに置くスタンドタイプがあるのでどちらを選ぶかはスペースかなと思います。

クリップタイプやバータイプのUSBのLEDライトもありますので、机やテーブルのスペースに応じて選んでみてください。

たまに家電量販店に売っていたり、100円ショップにもたまに売っているところもありますので、安いところを選んで購入したほうがいいかと思っています。

少しでも目に優しくするために、USBのLEDライトで目が疲れにくくしてほしいと思います。

フレキシブルの方が安いので、個人的にはフレキシブルのUSBのLEDライトがいいのかなと思うこともあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました