iPhoneの充電が遅くなった!チェックしたい項目とは?

iPhone,Lightning,ケーブル家電・IT
スポンサーリンク

iPhone・iPod touch・iPadなどの充電を行っているときに、iPhoneなどの充電がなかなか終わらない場合があります。

ただ単にiPhoneなどの故障という可能性もありますが、電池などの故障や劣化を疑う前に確認しておいた方がいいと思います。

安い買い物ではないiPhoneなどのモバイル端末なので、今まで普通に充電が遅くなってしまえばあせってしまいますよね。

もちろんiPhoneなどのApple社製品の電池の劣化や故障だと思う前に、いろいろと試してみてから故障で修理や買い替えを検討してみてください。

 

iPhone・Pod touch・iPadの充電が遅くなる原因の多くはUSBケーブル!

iPhoneを代表とするiPod touchやiPadの充電で使うUSBケーブルの故障によって、iPhoneなどのApple社製品の充電が遅くなる場合があります。

割と多い充電が遅くなるトラブルに、USBケーブルの金属部分に汚れやサビなどがあれば、iPhoneなどのApple社製品の充電のUSBに余計なものが挟まってしまい充電が遅くなります。

充電のUSBケーブルと本体に接点復活剤を吹き付ける方法を使うといいです。

スマホ・タブレットの充電が不安定?接点復活剤を使おう!
スマホ・タブレットの充電中に充電のランプが消えたかなと思ったら、再びランプがつくこともあります。スマホ・タブレットが故障しているわけではなく、充電のところのマイクロUSBのトラブルの可能性があります。マイクロUSBのところが折れていなければ接点復活剤というスプレーを使ってみましょう。

接点復活剤だけでなく、電子部品をキレイにする呉工業さんから出ている、エレクトロニッククリーナーを使うのもいいですね。

USBケーブルの汚れやサビなどには、接点復活剤やエレクトロニッククリーナーで充電が遅くなるというトラブルが解決する場合がありますが、USBケーブル(Lightningケーブルも含む)と本体がガバガバになってしまう場合もあります。

そんなときには、USBケーブル(Lightningケーブル)を純正ケーブルでなければ、購入時についてくる純正のUSB(Lightning)ケーブルにした方がいいとも言われていますので試してみてください。

 

iPhone・iPod touch・iPadの充電が遅くなる場合には部屋の温度を調べよう!

サーモグラフィー,温度iPhone・iPod touch・iPadにはリチウムイオン充電池が使われているのですが、部屋の温度が低いと電気が流れにくくなって充電が遅くなるというリチウムイオン充電池の特性があります。

部屋の温度が高ければ(40度程度以上は電池が壊れる場合があります)、電気が流れやすくなって充電しやすくなるのがリチウムイオン充電池です。

充電方法には、定電圧充電定電流充電という2つの充電方法がありますが、iPhone・iPod touch・iPadには定電圧充電方式です。

とまぁ、電子回路のエンジニアには分かる言葉なのですが、簡単に説明していきますので安心してください。

iPhone・iPod touch・iPadの定電圧充電をグラフにしてみますが、一定の電圧にして一定の電流以上流れないように充電する方法です。

定電圧充電,リチウムイオン

リチウムイオン電池の特性なんですが、80%の充電が急速充電と言われていてだいたい1時間かかります。

100%までは定電流充電になって、定電流充電は決められた充電の電流を電池に流しつつ、電圧を一定に保つようにする方法です。

定電流充電,リチウムイオン

リチウムイオン充電池もニッケル水素充電池も充電池というのは、充電するときの温度が高いと充電できますが、温度が低ければ低いほど充電完了が遅いです。

温度が0度になると、充電が全く終わらないというのがリチウムイオン充電池の特性です。

なるべく部屋の温度を20~25度(25度が常温と設定されています)になるようにしてから、iPhone・iPod touch・iPadの充電を開始しましょう。

温度が低ければ電気が流れにくくなるので、乾電池とか充電池を放置すると空気中に電気が流れますが、冷蔵庫(冷凍庫はダメ)に入れておくと空気中に電気がなれません。

余談になっちゃいますが、電池を使わずに保存したいときには、冷蔵庫に乾電池や充電池をいれておくのがいいですがiPhone・iPod touch・iPadを入れないようにしてくださいね。

 

iPhone・iPod touch・iPadの充電回数が多ければ電池が劣化してしまう!

サビ,劣化iPhone・iPod touch・iPadの充電回数を自分で数えるのは大変なんですが、本体が充電回数を数えてくれるインフォリチウムイオン充電池というのがありノートPCに使われています。

数えなくても100%まで充電するのを1回とカウントすれば、iPhone・iPod touch・iPadのリチウムイオン電池の充電回数は約500回程度と言われています。

iPhone・iPod touch・iPadの電池も消耗品なのもあって、充電回数が増えていけば増えていくほど電池が劣化してしまい充電が遅いです。

こんなときには、iPhone・iPod touch・iPadを買い替えるか、iPhone・iPod touch・iPadのリチウムイオン充電池の交換を専門店で行った方がいいです。

iPhone・iPod touch・iPadの充電というのは、1日2回充電するようなヘビーな使い方をしてしまえば、残念ながら電池交換もしくは買い替えを考えないといけなくなります。

iPhone・iPod touch・iPadの電池交換や買い替えに関しては、結構多くの金額になってしまうので買い替えるか電池交換のどちらがいいか判断してください。

 

iPhone・iPod touch・iPadを水につけたため充電が遅いのは買い替えしかない!

お風呂,猫YouTubeでサムネイルしか見ないですが、iPhoneの新機種が出たらお風呂に水没させる動画があるのは知っています。

3種類のiPhone・iPod touch・iPadの中では、iPhoneが防水になっているのですが、水没させた後に時間が経過すると電源が入ます。

お風呂の湯気でも同じように充電が遅くなる場合がありますが、iPhone・iPod touch・iPadの中に入っている部品などが非常に早く劣化を起こしやすいです。

YouTubeを見てから、iPhone・iPod touch・iPadを水没させてみようと思わないでください。

充電が遅くなったり、充電できなくなったりするので、iPhone・iPod touch・iPadを買い替えないといけなくなります。

お風呂でiPhone・iPod touch・iPadを使ったり、水没させないように注意してください。

 

まとめ

iPhone・iPod touch・iPadの充電が遅くなってしまう原因と対処の方法を説明しました。

個人で修理するというのは、危険なので充電が遅くなったら確認をしてみてください。

過去にiPhone・iPod touch・iPadをお風呂で使ったり、水没させた経験を思い出してみて問題ないかを確認してほしいです。

またiPhone・iPod touch・iPadの充電の回数が多すぎないかも確認してみてください。

充電の回数=使っている時間が長いと思ってもいいかもしれませんが、充電してから放置していても電池の劣化があって充電が遅くなる場合もあります。

適度にiPhone・iPod touch・iPadを充電をしつつ、USB(Lightning)ケーブルを使って充電するようにしていれば問題はないです。

雑にiPhone・iPod touch・iPadを使っていた場合には、USB(Lightning)ケーブルが断線したり、本体のUSBのコネクタがガバガバになったりします。

大切にiPhone・iPod touch・iPadを扱っていれば、充電が遅くなる心配は少なくなるので注意してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました