当サイトのサイトマップはこちら

年中行事

3月~5月の行事

花祭りとはなんだろう?甘茶をかけるのはどうして?

花祭りを知る機会は、4月にお寺に行ったりすると行っている行事で初めて知るということもあります。花祭りでは、甘茶を飲むというところまでがセットになっています。花祭りで甘茶を飲むのは、深い深い理由があるのです。花祭りというのは、どういう行事か?花祭りで甘茶を飲む理由を説明しますね。
2021.04.20
6月~8月の行事

七夕は中国と日本の話が混ざった?裏には怖い話が

七夕は、天の川にいる、おり姫とひこ星が1年に1回会うという話です。七夕の話は、中国と日本のいろいろな話が混ざってできたとされています。七夕に天の川でおり姫とひこ星が会うという由来、そして笹を飾るという謎について説明しますね。仙台の七夕祭りについて少しふれます。
2021.04.20
12月~2月の行事

バレンタインにチョコをプレゼントするのは?由来は?

大昔からバレンタインでプレゼントをあげたわけではないのです。バレンタインの由来についても説明しますね。好きな人に、愛の告白の背中を押してくれるという、女性が男性に勇気をもって告白する日とも言えます。本命と義理もバレンタインならではですね?照れ隠しのように思うかもしれませんが、差をつければいいと思いますよ。
2021.04.20
9月~11月の行事

お月見とは?中秋の名月の意味は?豊作祈願だった!

お月見は、秋になると月見団子を月の神様である、月夜見尊(つきよみのみこと)におそなえします。お米がとれる時期ですよね?豊作になるようにという意味もあります。中秋の名月というのは、秋になると月がキレイに見えるということですよね?お月見は、中秋と呼ばれる、旧暦から来ています。お月見は中国から平安時代に伝わってきました。
2021.04.20
3月~5月の行事

子どもの日は女性の日だった!端午の節句とはどんな意味?

ゴールデンウィーク中に子どもの日がありますよね?子どもの日にはこいのぼりを立てる家が多いですよね?もともとは、子どもの日というのは、女性の日だったのです。今の世の中では、なんだかつらい子供の日の由来があります。そして、子どもの日にこいのぼりを立てる理由もあります。
2021.04.20
12月~2月の行事

2/11の建国記念の日とは?いつから始まったの?

2/11は建国記念の日でお休みですよね?建国記念の日と呼ばれるようになったのには、太平洋戦争のあとなのです。なんと、建国記念の日は日本という国ができあがった日ではないのです。建国記念の日と呼ばれるようになった、深い深い歴史があります。建国記念の日と呼ばれるようになった歴史などを説明しますね。
2021.04.20
3月~5月の行事

ホワイトデーにお返しを!ホワイトデーの由来は?

バレンタインで女性からのプレゼントをお返しするのが、3/14のホワイトデーです。バレンタインで本命だろうが、義理のプレゼントをもらおうが、ホワイトデーにお返しをしましょう。ホワイトデーにプレゼントをする理由があります。 どこがどのようにしてホワイトデーが広がったか?なども含めて説明しますね。
2021.04.20
年中行事

お彼岸はいつなの?おはぎやぼたもちをあげるのは?

春と秋に、お彼岸があります。お彼岸には、お墓参りというのがよくあることです。お彼岸には、おはぎをあげますよね?なんでおはぎなんでしょうか?ぼたもちという場合もありますが、似たようなものですね。お彼岸にあげるぼたもちや、お彼岸はいつからなのかという説明をしますね。
2021.04.20
12月~2月の行事

2/3の節分の由来は?豆まきで鬼を退治!

季節の変わり目であることが節分ですが、体調を崩す人も多いです。そんな節分に悪いことが起こらないように、豆まきをして健康に過ごしましょうという意味なのかなと思います。鬼=悪いことという考えは、体調不良とも考えることができると思います。節分に豆まきをする由来などを説明しますね。
2021.04.20
12月~2月の行事

冬至とは?カボチャを食べお風呂に柚子を入れるのは?

冬至は、昼と夜の時間を比べると、夜になる時間が長くなる日です。冬至には、カボチャを食べて、柚子(ゆず)を入れたお風呂に入るとよく言われています。冬至は、むかし中国から日本に話が伝わってきました。 冬至にカボチャを食べて、柚子を入れたお風呂に入る理由を説明しますね。
2021.04.20