当サイトのサイトマップはこちら

年中行事

6月~8月の行事

夏祭りの浴衣の着方とは?おみこしの意味は?

だんだんと気温が高くなっていき、夏祭りの時期になってきました。夏祭りに困ることは、浴衣の着方かもしれません。夏祭りでは、おみこしが出るところもあります。ただおみこしを出したいからというわけではなく、おみこしを出す理由があります。夏祭りの浴衣の着方・おみこしを出す理由などを説明をしますね。
2021.04.20
9月~11月の行事

敬老の日とは?プレゼントは何がいい?

今までの敬老の日は、9/15であり何があってもお休みでした。ハッピーマンデーの制度が取り入れられたため、9月の第3日曜日が敬老の日となりお休みとなりました。ざっくりとした内容ですが、「敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんに感謝しましょうね」というのが大まかな意味です。
2021.04.20
9月~11月の行事

防災の日には確認を!家具の置き方とグッズのチェック

9/1は、1923年に発生した関東大震災で多くの方がケガやお亡くなりになった方が大勢いました。そこで、9/1は関東大震災を見直すために防災の日とし、家具の置き方や防災グッズのチェックなど行うようにしましょう。また9/1は立春(2/4)から210日目という、二百十日と言われている暦とされています。
2021.04.20
9月~11月の行事

9/9の重陽の節句とは?菊の和菓子と栗ご飯のヒミツ

9/9は重陽の節句または菊の節句ともいわれています。菊の形をした和菓子を食べたり、栗ご飯を食べてお祝いをするのが重陽の節句です。平安時代からお米がいっぱいとれるようにという豊作のお祝いです。お酒に菊の花に入れて飲むこともありますし、秋の味覚ともいわれている栗をご飯に入れて季節を楽しむというものです。
2021.04.20
6月~8月の行事

残暑見舞いはいつ送るの?文章の書き方は?

立秋はまだまだ8月で暑いですが残暑見舞いを送る時期のサインであるとされています。残暑見舞いが来るのは、お店からなどが多いかもしれませんが、なかなか会えない人に気持ちを届けるチャンスだと思います。残暑見舞いの文章は、どうやって書いたらいいのかというのも参考にしてください。残暑見舞いを送る時期について説明しますね。
2021.04.20
6月~8月の行事

「たまや」「かぎや」とかけ声とは?花火大会にひそむ謎

花火大会になると「たまや」「かぎや」とかけ声がありますよね?「たまや」「かぎや」というのは、いったいどういう意味があるのでしょうか?屋号(やごう)とも言われていますが、屋号って何だろうとおもうことがあるかもしれません。「たまや」「かぎや」の謎、打ち上げ花火は空高くまで上がるかを説明しますね。
2021.04.20
6月~8月の行事

お中元はいつ贈ればいい?時期はあるの?

お中元を贈る場合は、だいたいが7/15くらいから立秋である8/7くらいまでというのがよくいわれている時期です。お世話になった方々や距離の遠い場所にいる親戚の方に、お中元を贈るというのがよくあることだと思います。お中元というのは、何かいわれがあるのだろうかと思うかもしれません。
2021.04.20
6月~8月の行事

半夏生とは?タコを食べるのはなぜ?

半夏生という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、夏至と関係があります。ちょうど7月上旬に生える植物であり、半夏生のときにはタコを食べるといいとも言われています。半夏生というものがあるにも関わらず、あまりピックアップされていないことが多いような気がします。半夏生とは何か?タコを食べるのはどうしてか?
2021.04.20
6月~8月の行事

暑中見舞いはいつ書くの?文の書き方は?

暑中見舞いとは、暑い日になって「体壊していないかな~」という相手を思いやる気持ちを手紙などで送ることです。暑中見舞いは由来があり、江戸時代から始まったといわれています。暑中見舞いは暑い日に書くので、文章の書き方もマナーがあり相手を不愉快にさせないようにしないといけませんね。
2021.04.20
6月~8月の行事

梅干しとウナギの食べ合わせは?土用の丑の日豆知識

土用の丑の日になると、スーパーやコンビニエンスストアなどでウナギのかば焼きが売られてることがあります。土用の丑の日と同じように、土用干しという梅干しを干すことがあります。「梅干しとウナギの食べ合わせは良くない」という話もありますが、土用に関連するウナギそして梅干しについて説明しますね。
2021.04.20