9月~11月の行事

9月~11月の行事

七五三が11/15なのは?男の子と女の子ではお参りが違う

七五三は毎年11/15に住んでいるところの神社へお参りするのといわれています。七五三のときには、千歳あめ(ちとせ)を買うことがありますが、千歳あめは江戸時代からの由来があります。七五三はなぜ11/15なのか?千歳あめについて説明しますね。
2020.08.30
9月~11月の行事

ハロウィンとは?カボチャの意味とは?コスプレして楽しもう

10/31に行われるハロウィンは、ヨーロッパのケルト族とよばれる人たちが作った、収穫をお祝いするハロウィン(Hallowen)ともよばれています。キリスト教の記念日である万聖節が11/1というのもあり、その前日である10/30にハロウィンができあがりました。子供がコスプレしお菓子をもらうのが正式ですね。
2020.11.11
9月~11月の行事

勤労感謝の日とは?お米が穫れたお祝いの新嘗祭!

勤労感謝の日である11/23は、働くことができることをありがたいと感謝する日といわれています。また勤労感謝の日ができる前は、新嘗祭(にいなめさい)とよばれている、お米が穫れたとお祝いをする日でした。勤労感謝の日の由来そして、お米が穫れたという新嘗祭(にいなめさい)説明しますね。
2020.08.29
9月~11月の行事

敬老の日とは?プレゼントは何がいい?

今までの敬老の日は、9/15であり何があってもお休みでした。ハッピーマンデーの制度が取り入れられたため、9月の第3日曜日が敬老の日となりお休みとなりました。ざっくりとした内容ですが、「敬老の日におじいちゃんやおばあちゃんに感謝しましょうね」というのが大まかな意味です。
2020.08.29
9月~11月の行事

防災の日には確認を!家具の置き方とグッズのチェック

9/1は、1923年に発生した関東大震災で多くの方がケガやお亡くなりになった方が大勢いました。そこで、9/1は関東大震災を見直すために防災の日とし、家具の置き方や防災グッズのチェックなど行うようにしましょう。また9/1は立春(2/4)から210日目という、二百十日と言われている暦とされています。
2020.10.28
9月~11月の行事

重陽の節句とは?菊の和菓子と栗ご飯のヒミツ

9/9は重陽の節句または菊の節句ともいわれています。菊の形をした和菓子を食べたり、栗ご飯を食べてお祝いをするのが重陽の節句です。平安時代からお米がいっぱいとれるようにという豊作のお祝いです。お酒に菊の花に入れて飲むこともありますし、秋の味覚ともいわれている栗をご飯に入れて季節を楽しむというものです。
2020.08.29
9月~11月の行事

お月見とは?中秋の名月の意味は?豊作祈願だった!

お月見は、秋になると月見団子を月の神様である、月夜見尊(つきよみのみこと)におそなえします。お米がとれる時期ですよね?豊作になるようにという意味もあります。中秋の名月というのは、秋になると月がキレイに見えるということですよね?お月見は、中秋と呼ばれる、旧暦から来ています。お月見は中国から平安時代に伝わってきました。
2020.08.29
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました